Wordで表を作成して文書作成


Wordで表が作れないからと言ってExcelで作成していては、説明などの文書を書くと不具合が生じますね(参照:ワード(Word)とエクセル(Excel)の使い分け)、例えばExcelだけで請求書を作ると、気の利いた請求書は出来ません(参照:ワード(Word)とエクセル(Excel)で事務工数半減)、そのような時には、外回りをWordで作成し請求明細部分をExcelで作成した表を挿入すると気のきいた請求書が作成できます。さらに、Excelには式を挿入することで、資料作成時間も短縮できます。さらに、Excel部分を集約して、前月比などの管理資料として作成することも容易となます。

WordからExcelを使用(挿入)する方法は3種類あります

まずはWordのツールバーの「挿入」をクリックします。図-1

1.上記、図の「表」を使用する場合、「表」をクリックし、下図が表示されたら“excelワークシ-ト”をクリックする。excel既定の表が挿入されます。

図-2

このページではExcelの使用を説明していますが、図-2における、“表の挿入”、“罫線を引く”、“クイック表作成”はWordの表が作成されます。

2.上記、図-1の右端の下のリボン(オブジェクト)を使用する場合、リボンをクリックし“オブジェクト”をクリックします。下図が表示されます。タグを「ファイル」として「参照」をクリックして、挿入したいexcelファイルを選択し「OK」をクリックすると該当のファイルが挿入されます。

図-3

3.該当する、Excelシートのデータをコピーし、開いているWordの該当部分にカーソルを置き、“形式を指定して貼り付け”してExcelシートのを挿入する。

なお、文書の空白域が既定のままですと、間延びした資料になりがちです、空白域の設定方法はページレイアウトを使用して余白を作るをご覧ください。


上記の方法で作成したファイルをご希望の方は、下記、「お問い合わせ」よりご連絡ください。

WordとExcelを利用して文書を作成、実践編へ

Wordのツールバー概要へ

Word 2016 Tips集

Excel 2016 Tips集



G-SHOCK オールスターへ




G-SHOCK 35周年を記念し、今しか見られない映像コンテンツや、続々登場する限定モデル