MicroOfficeを使いこなそう

Windowsパソコンを使用している方は、Office2xxxを使用していると思うが、Office2xxxには

MicrosoftのサイトにはOffice 使いこなし図鑑 - 無料テンプレート公開中 - Microsoft Office - 楽しもう Office ライフ、このサイトには、「写真」、「動画」、「文字」、「デコレーション・レイアウト」、「表」など知りたいことが網羅されています、また、テンプレートのダウンロードもできます。さらにMicrosoft Office 2016 Tips 集というサイトもあります。

このページでは、WordとExcelのツールバーのリボンについて説明しています。 各ボタンの意味はマウスをそのリボンの上にのせるとボタンの意味が表示されます。

上図では、上がWord、下がExcelです。(注:初期設定の内容です、自分で設定することもできます)
赤枠内のリボンの処理は、WordとExcelとPwoerpontにおいて、ほぼ同等の処理内容です、リボンの処理を行うには、処理の対象となるソースを選択します
Wordでは、文字、行、ページ
Excelでは、文字、セル、行、列、表
左側の「クリップボード」に関するリボンの処理の内容は同じです。
文字編集においては、WordでもExcelでも同等です。
上図において、 Word、Excelともに「フォント」のところの「中央」にマーク(白地ではない)されていますが、Wordでは「両端揃え」、Excelでは「上下中央揃え」となっています。
各リボングループの右隅にがあります、ここをクリックすることで詳細設定が行えます。
ツールバー概要及びツールバーの差も参考にして下さい。

上図はフォントに関する詳細設定の画面です。

パブリッシャー(Publisher)を使用したことがない方も多いが、Windows10では、全てのプログラムを表示して、Microsoft2xxxをクリックしてPublisherのアイコンをクリックして起動しみて下さい。
Publisherのデザイン選択画面