Microsoft Accesssでシステム構築
このエントリーをはてなブックマークに追加

資料として→ 棚卸し作業を効率化する 経営計画を作る 業務フローを作成する 生産管理システム(ERP)概要 問合わせ
  1. 高額な生産管理システムを導入したいけれど、資金がない
  2. Excelで伝票処理をしているが手間とムダを生んでいる
  3. 受注システムの構築による業務の効率化による生産性の向上を図りたい

などで悩んでいませんか?では、Microsoft社のACCESSは、データベースを使った業務用アプリを素早く作成できるソフトですので、 一般的なデータベースを使うシステム開発と比べると、短期間かつ低コストで システムが構築できるメリットがあり、顧客管理、販売管理、請求管理など さまざまな業務の中で活躍します。自社で作製してみてはどうでしょうか?

業務フローを作成する

システム構築を計画表もなく取り組むことはないと思いますが、計画表の中では、自社作成、外注作成など基本計画はあると思います。システム構築の前には、必ず業務フローを作成してください、その他に関してか右欄あるに「情報処理を理解する」から適時、必要なページをご覧下さい。
計画表には、必ず「業務フローを作成する」という工程を入れておきましょう。「どこから手を付けていいか分からない」と言う話をよく聞きますが、IT未経験者でも作成できます。業務フローを作成する方法については、業務フローを作成するご覧ください。
この工程(作業)はシステム構築において一番重要です。
一般的にはシステム構築の工程には、要件定義作成、外部仕様作成、内部仕様作成、プログラム作成&テスト、運用テストという工程があります。

Microsoft Accesssとは

Microsoft Accesss *ウィキペディアへリンクの詳細は左記のリンクで確認して下さい。>Microsoft Accesssでシステム構築を行う利点として

  • 初期コスト(システム・開発費)の大幅削減
  • 既存のハードウェアを有効に活用可能。新規設備費用が削減できます。
  • Accessのランタイム版は無償で提供されているため、ソフトウェア費用もかかりません。
  • 操作性に優れたシステムを短期間で開発することができます。
  • オフコンで膨大な費用をかけて開発したシステムを短期・低コストでAccessへ移行した例もあります。
  • パッケージ製品と異なり、クライアント数を増やしてもライセンスフィーなどの追加費用は発生いたしません。
  • 操作性に優れたユーザインターフェース。•Windowsライクなユーザインターフェースにより、操作性に優れており、直感的に操作が可能。
  • 拡張性:•Accessシステムのデータ格納部分をSQL Serverに置き換えるアップサイジングにより、システムの複数人利用におけるパフォーマンスの向上やセキュリティーの向上などを実現できます。
  • SQL Server Expressを利用すればライセンス費用もかかりません。
              

どのような、システム構築が可能か *一般的な呼称として

システム呼称はいろいろありますが

本格的な在庫管理機能を必要としないお客様向けの
  1. 顧客管理システム(名簿管理システム): 顧客、会員、患者、生徒、等の基本的な名簿管理に加え、氏名毎に複数の履歴情報の登録が可能としたり、 また、名簿番号、住所、氏名、電話、カテゴリ、等からのキーワード検索ができるようにしたり、入力画面には、郵便番号による住所入力支援が可能。
  2. 見積管理システム:WordとExcelでも構築できますが、顧客情報および見積履歴をデータベースで管理することができます。 過去の見積や類似案件の見積を検索したりコピーする事も容易に可能となります。
  3. 販売管理システム(売上管理システム、受注管理システム) 受注処理に納品書、請求書、宅配伝票を連動させたりできます。
  4. 商品管理システム(入出庫管理システム): 商品の実入庫数・実出庫数を管理し、 商品毎に危険在庫数の設定が可能です。
  5. 発注管理システム(資材・製品管理システム) ベンダー毎に発注伝票を起こす必要がなく、一回の起票で複数ベンダーへの「発注書」を自動的に作成したり。 また、発注・納入履歴を元に、各ベンダーからの納入状況(商品の納入予定、納入実績、納入残数、遅延・分納)を管理。

弊社がAccessで作成した最近のシステムは、生産管理システム(ERP)です左記をクリックして概要をご覧ください。
下記、システムは
時給者用勤務データ入力システム(プロトタイプ)及び
会員管理システム(プロトタイプ)
は、上記のページよりダウンロ-ドできます。

手軽で、簡易的にシステムを作るには

Microsoft Accesss(Microsoft Officeパッケージソフトの一部)を使用するか、Microsoft Accesssが同梱されていないMicrosoft Officeをお使いの方はMicrosoft Excelを使用して定型化されている作業を自動化することもできます。
Excelの使い道:CSVファイルを使用する及び Excelの使い道:ユーザーフォームを使用するをご覧ください。

IT導入補助金を利用する。

内製が不可能場合はIT導入補助金を利用してみる。
業種別 お悩み解決ITツール機能
●交付申請は逐次更新されています
●中小企業・小規模事業者のみなさま向け「かんたん解説!IT導入補助金2019」を公開しました。

業務改善助成金を利用する。

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。 生産性向上のための設備投資やサービスの利用などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成します。

IT人材を育てるための中小企業基盤整備機構・戦略的CIO育成支援事業

中小企業基盤整備機構・戦略的CIO育成支援事業は、比較的長期間に亘って専門家を派遣し、経営戦略に基づくIT化計画の策定及びその実施など、CIO的な立場に立ったきめ細かなアドバイスを行うとともに、アドバイスを通じ、中小企業におけるITの人材育成を行うことを目的とします。

  
負担費用 16,700円/日(CIO派遣に要する謝金の1/3相当額)
派遣期間 3ヶ月間(月最大15日) *更新可
ホームページ中小企業基盤整備機構・戦略的CIO育成支援事業

MicrosoftAccessを購入へ

MicrosoftAccesssの質問

下記をクリックして下さい(掲示板が開きます)
Q&A

しばらくおまちください・・・

Accesssを使用する第一歩は

ExcelデータをAccesssにインポートして、そのテーブルを画面に表示してみましょう。手順が不明の方は、Access Q&Aでご質問ください。
Accesssで作成したシステムが陳腐化し、再システム化をお考えの企業さま、下記、「お問い合わせ」よりご連絡下さい。下記参考書はメルカリで販売中(¥600)(送料は着払い)。

Amazon(アマゾン)タイムセール
icon icon Windows 10パソコン買い替え応援 5,000ポイントプレゼント icon オフィス用品・事務用品の通販オフィスデポの 商品一覧ページへ。1,500円以上のお買い上げで、1都3県送料無料です!

まずは、気軽に現状をメールにて下記よりお知らせください。
Top

Copyright © OAコーディネーターズAll Rights Reserved