パソコンを購入する前に、購入した後に

< パソコンを購入する前に、購入した後に Web広告限定ストア(eクーポン) デル株式会社

パソコンを買う時の選択肢?

形として
 据え置型(デスクトップ)、ノート型、
次に仕様として(@は単位)
 1.CPUの速さ(@Hz)
 2.メモリ-の容量(@B)
 3.ハードディスクの容量(@B)
が主選択肢となります。
その他には、 接続できる機器の種類の多さが考えられるでしょう。(* USB端子の数など)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
OS別最小構成
OS CPUの速さ(@Hz) メモリ-の容量(@B) ハードディスクの容量(@B) メディアドライブ
Windows 7 1GHz 1GBのメモリー 16GB以上のHDD
Windows 8.1 1GHz以上 1GB (32bit)、2GB (64bit) 16GB (32bit)、20GB (64bit) Microsoft DirectX 9 以上
Windows 10 1GHz以上 1GB (32bit)、2GB (64bit) 16GB (32bit)、20GB (64bit) Microsoft DirectX 9 以上

最近、PCの紹介でプロセッサー(CPU)について、インテル®Core™i3 プロセッサー、インテル®Core™i5 プロセッサー?、インテル® Core™i7 プロセッサーなどの記述ありますが、インテル® Core™i7 プロセッサーが一番処理速度が速いですが、一般的なOfficeソフトを使用するならインテル®Core™i3 プロセッサーで充分です。 インテル® Core™i7 プロセッサーを使用したPCは高めでインテル®Core™i3 プロセッサーを使用したPCは安めです。CPU?という方は、パソコンの常識をご覧下さい。


パソコン初心者の方は
コンピュータのリテラシー(パソコンの基本)をご覧ください。
最新のOSは、Windows 10 Proをご覧ください

パソコンをどのような店で買うのか、量販店?、ネットショプ?また、新機種か?中古品か?チョット迷いますね。

 とにもかくにもパソコンを買うことに決めたら現状のパソコン価格を知ることも大事です。  パソコンメーカーも色々あります。 日本メーカーでいうと、日本電気(NEC)東芝など、外資系でいうとDELL、HPなどがあります。  どのメーカを選ぶかはあなた次第です。上記で示した最小構成と比較してみて下さい。
メーカー直販サイトで確認

セキュリティ・ウィルスが不安?

パソコンを使用するとインターネット(メールの送受信、ホームページの閲覧など)を使うようになりますが、総務省が初心者でも解るように
「国民のための情報セキュリティサイト」
というホームページを開設していますのでご覧下さい。
マイクロソフトは2009年9月30日、無料のウイルス対策ソフト「Security Esse ntials(セキュリティエッセンシャルズ)」正式版の提供が始まりました。ダウンロードを行なうには ここ をクリックしてください。
パソコンを安全に使うためには>Windows Updateを正しく実行するようにしてください。
Windows 10 からは自動的に実行されます。

インターネットをするにはプロバイダーと契約して接続をしなければなりませんが。

情報の送受信の早い回線順に
・光ケーブル→・ADSL→・ダイタルアップ
とありますが早いほど値段は高いです。
家庭内でパソコンが複数台となるときはLAN(有線か無線(Wifi))を構築します。 プロバイダー契約は1社でそのケーブルをHUBにつなぎ、パソコンからのLANケーブルもHUBにつなげば家庭内LANの完成です 別にルータで接続する方もいます。最近は無線で行う方も多いようです。またWi-Fi(ワイファイ)とも呼ばれる事があるが、これはIEEE 802.11機器に関する業界団体であるWi-Fi Allianceによる相互接続性の認定の名称です。

パソコンを買い替える方へ

使用中のパソコンのデータは、必ずUSBメモリーに保存(バックアップ、コピー)しておくこと、そして、新しいパソコンに該当する場所に復元(コピー)する。あるいは、USBデータとして、そのまま使用することもできます

パソコンでなにができる?文書を書く。

文書作成ソフトいろいろありますが、よく使われているのはMicrosoft社のワード(Word)です。 文書作成ソフトは、様々な様式で文書を作成できますが、年賀状などを作成するソフトもあります。

パソコンでなにができる?目的別のソフトについて

目的別のソフトが購入時に、設定(インストール)されている場合とそうでない場合があります。 目的別のソフトが設定(インストール)されていれば値段も高いです。 一般的にMicrosoft社の、文書作成ソフト、表計算(SpreadShee)ソフトなどをパックした Office2???というものが設定されているようです、最近は無料の目的別ソフトがインターネット上にあります。

パソコンでなにができる?パソコンの画面をテレビで観る。

 パソコンの画面をテレビで観る、テレビの画面をパソコン録画する、パソコンでテレビを観る。 とりあえず、3通りのことが考えられます。
 ワンセグは古い、地デジ対応モデルも続々登場。パソコンメーカーでお確かめください。
お持ちのパソコンで地デジを観るには
コンパクト地デジチューナーHVT-T2SD 地デジチューナーなどの機器が必要です。
もう少し細かい情報はこちらをクリック

パソコンを購入したら正しく使いましょう!!

購入したパソコンは システム(ソフトウェア)がセキュリティ的に必ずしも最新ではありませんので、最新にするために必ず、 Windows Updateを実行しましょう。Windows10は自動的に更新されます。PC購入後初期設定が終了するとdiskランプが点滅していたらそのままにしておいたほうが良いです。
現在(11/07/11)のOSのバージョンは以下のとおりです
  • Windows7の 最新バージョンはSP1
  • Windows Xpの 最新バージョンはSP3
  • Windows Vistaの 最新バージョンはSP2
  • https://www.microsoft.com/ja-jp/download/internet-explorer-11-for-windows-7-details.aspx
  • IE(インターネット エクスプローラ)の 最新バージョンはIE11 です。(Windows10になると同等のソフトとして、Edgeがインストールされています)
Microsoftの製品ではありませんが文書閲覧ソフトとしてよく使われる Readerの最新バージョンは Adobe Reader10 です。
正しく使うためには?正しい情報を知ることです。
正しい情報を知る方法は色々あります。まずは、添付されている資料を良く見ること!!

パソコンの買換えはサポートの終了した Windows MEから、Windows 2000から、WindowsXPからなどWindows10に移行することになりますが、いずれにせよ、データの移し変えは慎重に!!「参考までに「Windows10 更新手順」ご覧ください。
パソコンは電源を入れれば初期動作はしますが、その後は自分が正しい知識のもとで操作をすることが必要です。

PAGE TOP