画像ファイルの縮小と拡大(Windowsの基本ソフト[ペイント]を使用して)

画像ファイルの縮小と拡大

GIFファイルの作り方が理解できたら、カメラで撮った画像のサイズを、どのように変えればよいのかという疑問もわくと思います、画像ファイルの縮小と拡大は下記の方法で行って下さい。

一般的な画像ファイルの種類は、BMP、JPEG、GIF、PNGが代表的なものでしょう。
画像ファイルを加工するソフトウェアーは種々雑多、様々なものがありますが、ここでは、Windows(このページの画像はwindows7で作成し、画像ファイルの種類はPNGファイルです)の基本ソフトとして添付されている「ペイント」を使用しています。(一番易しく、簡単な方法です)。



「ペイント」の起動方法は
  1. 【スタート】ボタンをクリック
  2. 【すべてのプログラム(P)】をクリック
  3. 【アクセサリー】をクリック
  4. 【ペイント】をクリック

ここまでで、画像編集プログラムの「ペイント」が起動します。

  1. 【ファイル】をクリック
  2. 【開く】をクリック(注:画像ファイル(bmp,jpgなどを選ぶ))
    「ファイルの種類」は、“すべてのピクチャファイル”とする事。

 指定した画像が表示されたら
上のメニューにある「サイズ変更」をクリックすると画面(画像)のサイズ指定画面が表示されます
赤丸のところをクリックする。
画面のサイズ指定画面:下図

  1. 「単位(B)」はパーセント(ピクセルでもよいが))
  2. 縦横比にはレ点をつける     
  3. 「水平方向(H)」に100以下の数値を入力すると画面は縮小される     
  4. 「水平方向(H)」に100以上の数値を入力すると画面は拡大される     
  5. 「傾き(度)は慣れてきたら試してください     
  6. 上記の数値などの入力を元に戻すには、、画面一番上の上向きの矢印(青色)をクリックするかCTRLキーとZキーを入力すると元に戻ります
その後は、縮小・拡大の作業が終了したらGIFファイルの作り方を参考にして保存して下さい。

画像ファイルの特徴

GIFファイル
  • 単純な画像ならファイルの大きさが他の形式の画像より小さい
  • 透過画像が可能です (画像が透けて見えます)
  • インターレースが可能です (表示の時、最初は荒くて次第に細かい部分まで表示)
  • アニメーション画像が可能です (簡単な動画)
  • 256色8bitの色しか扱えないので、色数が少なく単純な画像に適しています
  • イラストに適していますが、写真では色数が少なく表現力に劣り、ファイルの大きさも大きくなります
PNGファイル
  • GIFより扱える色が多く多彩な表現ができます
  • GIFよりインターレースが美しい
  • GIFよりファイルの大きさが大きい
JPGファイル
  • 色数が多く表現が多彩で写真に適していますが、イラストには適していません
  • 写真では圧縮してファイルサイズを小さくしても、その割に画像の劣化があまりない
  • 圧縮率を上げ過ぎると画像が大きく劣化します
  • 編集する毎に画像が劣化します
BMPファイル
  • 圧縮していないので、表現には問題がありませんが、ファイルの大きさが上記のどれよりも大きくなります

コンパクトデジタルカメラでの撮影のコツ

手ブレを防ごう
  • カメラを持ったら、できるだけ固定できるように、必ず両脇を軽く締める。
構図を決めよう
  • 構図にちょっとこだわってみるだけで、表情豊かに仕上がります。
  • 最も簡単で失敗も少ないアングルの取り方は、「三分割法」を使用する。例えば、子どもの顔を右下の点の位置に合わせ空を背景にして撮ると、空間の広がりが表せて解放感にあふれた1枚に!ペットや料理など被写体を問わず使えます。
背景をぼかそう
  • 被写体だけにピントを合わせ、背景をぼんやりさせると上級者っぽい写真に仕上がります。
  • コンパクトデジカメの得意技でもある「ズーム機能」を使えば、簡単に背景をぼかすことができます。
  • 方法は簡単で、被写体から離れた位置に立ち、ズームで思い切り寄るだけ。
  • ズーム機能では、ピントが合う場所が中央の狭い範囲に限定されるので、周りが自動的にぼけてくれます
光とホワイトバランスをマスターしよう
  • 晴れた日に撮影するときは、余計な光が入らないよう、フラッシュ機能はオフにしておきましょう。といっても、撮影したい場所が逆光で暗くなってしまうこともあります。そんなときは、わざとフラッシュをたくと被写体に影ができず、きれいに撮影ができます。被写体にきちんとフラッシュの光が届くように、2〜3メートルの位置でシャッターを押すのがコツです。
  • ホワイトバランス機能の役目。「太陽光」「曇り」「蛍光灯」「電球」など、そのときの光源を指定する必要がありますが、少しの手間で写真の色が格段によくなるので、いつも「オート」で撮影している人は、ぜひトライしてみてください。
画像ファイルがたまったら





RiDATA 録画用DVD−RW 120分 1−2倍速 ホワイトワイドプリンタブル スピンドルケース DVD−RW120.20WHT 1パック(20枚)
1,520円