家庭での節電。ムダな電力使用をやめましょう。

東日本大震災から5年が経過し節電中というポスターも見かけることも少なくなってきました。現在、公式のポスターは「節電アクション」(右欄参照)です。
「原発反対」を唱える方は多いが、積極的に節電を行っているか?チョット考えさせられます。今さらではないが、 “「原発」を使うのは電気を作るため”です、無駄な電気を使わなければ「原発」もいらない。「ながらテレビ」をする人は少なくなったと聞くようになりましたが。
「みんなで節電アクション!」特設サイトというページもあります。
上記のページでは、家庭でできる7個のポイント(下記参照)を説明しています。

  1. こまめにスイッチオフ! スイッチオフで電気使用は必要最小限に!"
  2. 待機電力を削減! 使用していない場合にも電力が消費される待機電力を削減!
  3. エアコンで節電! 設定温度・風向きを調節して節電!
  4. 冷蔵庫で節電! 扉の開閉時間を短く、詰め込む量も考えて節電!
  5. 照明で節電! 明るさや点灯時間を調節して節電!
  6. テレビで節電! 主電源OFF・明るさを調節して節電!
  7. 他にもこんなところで節電! 生活スタイルを見直して節電!

平成24年度エネルギー使用合理化促進基盤整備事業(待機時消費電力調査)報告書によると待機時消費電力量は1世帯あたり228kWh/年とされている(平成20年度待機時消費電力調査報告書(一世帯あたりの年間の待機時消費電力量は285kWh/年・世帯と推計された)。これは、家庭における一世帯あたりの年間の全消費電力量4,432kWh/年・世帯の5.1%に相当するものです。 電力の単価25円で計算すると
年間消費電力額は、4,432kWh×25円=110,800円

年間待機時消費電力額は、225kWh×25円=6,384円となります。

機器別の消費電力削減方法

【エアコン】(2.2kWエアコン(6畳用)の場合)
暖房時に設定温度を1℃調整することにより、10%の消費電力を削減できる。なお、フィルター目詰まりが無い場合、ある場合に比べて暖房時6%の消費電力を削減できる。
【温水洗浄便座】
  • ふたを閉めることによる省エネ効果は大きく、貯湯式で11%、瞬間式で19%の削減効果がある。ふたが開いている場合は、ふたが閉まっている場合に比べて、便座表面温度も低くなり、冬期には貯湯式で平均2.4℃、瞬間式では平均3℃の差が生じている。
  • 便座部及び加熱部の両設定を中から低にすると、貯湯式で14%、瞬間式で12%の消費電力量を削減できる。
  • 節電モード(一定時間消費電力量が制御部のみとなる節電機能)を最大限利用すると、消費電力量を貯湯式で29%、瞬間式で25%削減することができる。これに設定温度の変更を組み合わせると、貯湯式で38%、瞬間式で33%の消費電力量を削減できる。
【冷蔵庫】(400 リットルクラス冷蔵庫の場合)
  • 冷蔵強度を強から中に変更したときの省エネ効果は、平均で11%。このとき、冷蔵室温度は1〜2℃、冷凍室温度は2〜2.5℃上昇する。
  • 冷蔵庫いっぱいに詰め込んだ場合に比べ、1/2 詰め込んだ場合詰め込み直後の電力は平均で8%削減できる。
【PC およびインターネット接続機器】
  • PC 不使用時にコンセントを抜くと、デスクトップ/ノートブックPC でそれぞれ14%、24%省エネとなる。
  • 低電力機能として、モニタ電源オフではなくシステムスタンバイ、システム休止を使用すると、デスクトップ/ノートブックPC でそれぞれ14〜15%、8〜9%省エネとなる。
  • PC の電源を常時オンしている場合、低電力機能をモニタ電源オフからシステムスタンバイやシステム休止に変更すると、70〜90%省エネとなる。不使用時に電源をオフすると、80〜90%近く省エネとなる。
  • インターネット接続機器を使用する場合、PC 使用時のみ電源を入れると9 割以上省エネとなる。
【電気衣類乾燥機】(6kg ドラム式洗濯乾燥機及び5kg 独立型乾燥機)
  • 独立乾燥機において容量100%の標準ケースと容量変更ケース(80%、60%、40%)で乾燥運転を実施した結果、容量100%の運転が一番効率的。
  • 独立乾燥機において40%容量で2 回乾燥機を使用する場合に比べて、80%容量で1 回乾燥機を使用する場合は、消費電力量を年間で10%程度削減できる。
  • 独立乾燥機において目詰まりを除去した場合、フィルタ1/2 を目詰まりさせた場合に比べてエネルギー消費量を7%削減できる。
  • 年平均条件で自然乾燥試験を行った結果、8 時間後にまだ乾燥していないのは、バスタオル、パジャマ、ブリーフであった。これら3 種類の模擬洗濯物について、自然乾燥8 時間後の補助乾燥運転を行った。運転モードとして自動運転する場合と、単位運転時間ずつサイクル運転する場合を比較すると、自動運転よりも単位時間ずつのサイクル運転の方が消費電力量を半分程度に抑えられた。乾燥機のみで乾燥する場合に比べて、自然乾燥を併用する場合、消費電力量を7〜8 割程度削減できる。
【ガス温水機器、TV等映像・音響機器等】
家庭の消費電力量のうち約6%が待機電力消費。このうちガス温水機器など給湯機器の待機電力消費が約30%を占め、また上記のパソコンなどのほか、テレビやHDD/DVDプレーヤーなど映像・音響機器の待機消費電力も約25%を占める。こうした給湯機器、映像・音響機器についても使用するときにのみ電源を入れるようにすると大きな省エネ効果がある。
【照明】(60W 形電球形蛍光ランプ、白熱電球の場合)
立ち上がりの影響による消費電力量増加は非常に小さく、再点灯までの時間が1分でも、一度消灯するほうが省エネとなる。

家庭の待機時消費電力量

家電製品の待機時消費電力をすべて削減できた場合、
年間で285kWh節電、117.7kg-CO2削減、約6,500円節約になります。
何にも使われていない無用の待機電力は、極力削減したいものです。
※電力のCO2排出係数0.413kg-CO2/kWhで試算、※1kWh22.86円で試算
年間を通じて家庭で消費される電力量を見ると、待機時消費電力は約6%を占めます。なんとこれは、テレビの消費電力量とほぼ同じ割合にあたります。