東京スカイツリーのEco

いまさらではないが、東京スカイツリー(とうきょうスカイツリー、Tokyo Sky Tree)は東京都墨田区押上に建設中の電波塔(送信所)である。ツリーに隣接する関連商業施設・オフィスビルの開発も行われており、ツリーを含めたこれらの開発街区を東京スカイツリータウンと称し、2012年5月22日に開業ですが、環境対策も世界トップレベルだという。

地下に水7000トン

最も大がかりな仕掛けは地下に隠されている。地中熱を利用した地域冷暖房システムです。地下2階部分に、巨大なコンクリート貯水槽(高さ:16m、幅:8m、奥行き:16.8m)が4個あります。容量は約7000tで学校にあるような25mプールで17配分の水を蓄えられる。この「大容量水蓄熱層」の水は夜間電力を使って夏は5度の冷水。冬は48度の温水になり、昼間の冷暖房に使われる。冷温水は施設内に張り巡らされたパイプを循環する。その場所はスカイツリー本体とどまらず、隣の商業施設やプラネタリウム、31階建て高層ビル、東武鉄道本社ビルなどエリア一帯を賄う。

効率的な熱交換

前の項で書いた地中熱の冷暖房はどのような仕組みなのか。地中の温度は年間を通じて15~17度と一定しています。簡単にいえばこれを利用した効率的に熱交換をおこなうシステムだ。スカイツリーでは地下120mと15mまでの多数のポリエチレン製チューブが埋め込まれていて、この中にも水が流れている。地下2階まで上がってきたチューブの水は熱交換機に入り、そこで冷暖房用のプールの水を冷やしたり温めたりする。地下に戻ると水温は元の温度に戻っていく。そのためにより少ない電力で水温を調整できるというわけです。プールの水は災害時には地元の生活用水としても提供される予定です。また火災の消火用にも使われます。

雨水をしっかり利用

雨水は、低水槽ののトイレを流す水、屋上広場などの直物への散水、222枚の太陽光発電パネルの冷却水などに使われる。約60個の貯主層が地下に点在し、集中豪雨でも下水道に水を一気に流さない薄い抑制層と、ろ過殺菌をした雨水をためる貯留槽があり、容量は2635tあります。東京都によると、水を送るにはポンプなどで電力を使い、都内では1立方mあたり約200gのCO2が排出されます。スカイツリーのような大規模での雨水活用はCO2削減効果も大きいです。

消費量が見える

スカイツリー本体を彩る明りには、省エネ性能の高い6種類のLED照明器具が、1995台使われます。このLED照明器具の製造元は、こうした建築物での従来の照明器具と比べ、40%前後の省エネとなります。施設内では、現在のエネルギー使用量を表示する「見える化」を導入します。スカイツリーには310店舗が併設される予定ですが、各店舗がエネルギーの無駄使いに気ずくように、電気、水道、冷温水の空調をどれだけ使っているのかを把握できるメータ(1日または1時間単位で使用料を確認できる)を設置します。