とりあえず「テレワーク」?





2019「テレワーク」と題し、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府、そして東京都および関連団体が連携して7月24日から9月6日までの約1カ月間をテレワーク推進のための実験期間と位置付けている。
そもそも「テレワーク」とは、レワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。
※「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語

テレワークは働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つ分けられます。

  1. 在宅勤務:自宅にいて、会社とはパソコンとインターネット、電話、ファクスで連絡をとる働き方。
  2. モバイルワーク:顧客先や移動中に、パソコンや携帯電話を使う働き方。
  3. サテライトオフィス勤務:勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用した働き方。

「テレワーク」?新しい言葉のようですが、現実的には私のような業種の方は、インターネットが普及した時代から「在宅勤務」と同等の作業方法です。(請負先で作業をして下さいとよく言われました)
総務省:テレワークの推進では、
テレワークの効果として、社会、企業、就業者の3方向に様々な効果(メリット)をもたらすもので、テレワークによる働き方改革を普及することで、一億総活躍、女性活躍を推進することが可能になります。

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)
支給対象となる取組
いずれか1つ以上実施してください。

  • テレワーク用通信機器の導入・運用(※)
  • 保守サポートの導入
  • クラウドサービスの導入
  • 就業規則・労使協定等の作成・変更
  • 労務管理担当者や労働者に対する研修、周知・啓発
  • 外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング

※ パソコン、タブレット、スマートフォンは支給対象となりません。

テレワークの実施へ




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA