長時間労働に繋がる商慣行に関するWEB調査 結果概要




平成31年3月4日
    中小企業庁《調査情報》長時間労働に繋がる商慣行に関するWEB調査の結果をとりまとめました

中小企業庁は、「繁忙期対応」や「短納期対応」における、長時間労働に繋がる商慣行について、実態把握をするための調査を行いましたので、その結果を公表。
  • 繁忙期/短納期受注の発生状況
  • 繁忙期は約7割の企業で発生、短納期受注は直近1年間で6割の企業で発生。
  • サービス業、小売業で、短納期受注は製造業において発生割合が高い。
  • 繁忙期/短納期受注のいずれにおいても、発生割合が全体平均より高い業種は、建設業、繊維産業、紙・紙加工品産業、印刷産業、広告業。
  • 詳細は下記資料をご覧ください。 長時間労働に繋がる商慣行に関するWEB調査 結果概要




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA