低炭素社会づくり

7月10日に「低炭素社会づくり」という政府広報が新聞折込に入っていました。
 深刻な問題となっている地球温暖化。
 人類が過剰に排出したCO2などの温室効果ガスにより、大気と海洋の温度が年々上昇しています。
 世界各地で、すさまじい台風や豪雨による水害が起こる一方で、逆に雨が降らないために水不足で苦しむ地域も出ています。
 これらは、温暖化による異常気象と言われています。温暖化の影響は、すでに目に見えるほど大きくなっている。これが現実です

私自身も「CO2削減」というサイトを作成いますがアクセスの多いページになっています。スキーを再開して2年になりますが雪の量が減っているのをみて、温暖化の影響を実感しています。
「CO2削減」の行動として政府広報には5つの行動をあげています
?グリーン家電・エコポイント  
?太陽光発電          
?エコカー減税・補助金
?家庭用燃料電池
?MYCOOLBIZ
のように掲げていますが、お金を使わずもっと身近かな行動で、できるCO2削減はできるはず、電気のスイッチングをこまめに行う、自動車の急発進はしない(エコドライブ)など気をつければそこ個々にあります。孫の世代にいい地球環境が残るのを期待しています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA