デジタルトランスフォーメーション:DX





“デジタルトランスフォーメーション:DX”という言葉をご存知ですか、この言葉は、2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱しました。
日本では、平成30年12月 経済産業省が
デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX 推進ガイドライン)Ver. 1.0
発行し、
経済産業省はデジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)を取りまとめました 2018年12月12日を公開
さらに、
デジタルトランスフォーメーション(DX)レポート~IT システム「2025 年の崖」の克服と DX の本格的な展開~平成 30 年9月7日デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会
を発行しました。
DX推進ガイドラインの内容
—————————————————————————————————–
この様に書きますと、難しそうで厄介なんて、感じですが、元をただせば「システム構築」&「情報処理」を正しく行いましょうという事です。
私は「情報処理?」というページにおいて「情報処理」について、様々な観点から「情報処理」に関するページを10ページ強を紹介しています。これをのページで書いている内容においてDXからみてもずれていることは有りません。
itシステム構築における失敗ケースとして

  • 事業部門がオーナーシップを持たず、情報システム部門任せとなり、開発した ITシステムが事業部門の満足できるものとならない
  • ベンダー企業が情報システム部門としか話ができず、事業部門と話ができない
  • 要件定義を請負契約にした場合、ユーザ企業が自身の IT システムを把握しないまま、結果として、ベンダー企業に丸投げとなってしまう
  • 既存の IT システムの仕様が不明確であるにもかかわらず、現行機能保証という要望を提示する

が掲示されているが、このような内容は10年以上前からわかっている事です。
私が、一番の方法と考えているのは、業務フローを作る事です。
難しく書いておりませんので、ぜひ、一読を!!
きっとお役に立ちます。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA