ゲリラ豪雨を予測

地球温暖化の影響か?このところ、都心でもゲリラ豪雨にみまわれるようになりました。
”気象庁は、降水域の分布を高い解像度で解析・予測する「高解像度降水ナウキャスト」の提供を開始します。
提供開始日
平成26年8月7日(木)13時”
と発表しました。上記サービスを利用できる、スマートフォン用のアプリも提供するようです。

新サービスでは
従来のナウキャスト         
 解像度(予測の細かさ)
     60分先まで:1kmメッシュ
高解像度降水ナウキャスト
 解像度(予測の細かさ)
     30分先まで:250mメッシュ
     35~60分先:1kmメッシュ

高解像度降水ナウキャストの解析例
(東京都内で大量の降ひょうがあった平成26年6月24日14時40分)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA