クラウドコンピューティングの種類






「SaaS」(Software as a Service:「サース」または「サーズ」)とは、ソフトウェアを利用者(クライアント)側に導入するのではなく、提供者(サーバー)側で稼働しているソフトウェアを、インターネット等のネットワーク経由で、利用者がサービスとして利用する状況を指します。

よくあるご質問として、「SaaS」と「ASP」(Application Service Provider)とはどこが違うのかというものがあります。さまざまな説明があるようですが、一般的に、本質的な相違はあまりない状況です。

「SaaSは従来のASPと呼ばれるサービス、提供事業者と同等ではあるが、その重要性が飛躍的に大きくなったことから、マーケティング的な観点で新しい名称で呼ばれるようになった」というのが現状のようです。

SaaSの導入メリットは、導入までの納期の短縮が挙げられます。多くの場合、利用者側での自社構築と比べて、設備投資の削減による利用料金のコストダウンが図れます。
SaaSの導入デメリットとしては、自社構築と比べて、ソフトウェアのカスタマイズの自由度が低いことが挙げられます。
各企業は、SaaSの利用形態のメリット・デメリットを考慮して、サービス導入を検討することになります。

SaaSの代表的なサービス

現在では、さまざまな内容のサービスが数え切れないほどSaaSとして公開されていますが、代表的な例としては以下のようなものがあります。中にはご自身がエンドユーザーとして利用したサービスもあるのではないでしょうか。

  • Microsoft Office 365などのオフィスソフト
  • GmailなどのWebメール
  • Dropboxなどのオンラインストレージ
  • サイボウズなどのグループウェア

PaaS(パース)とは Platform as a Service の略で、アプリケーションを実行するためのプラットフォームをインターネットを介して提供するサービスのことです。

PaaSを利用することで、アプリケーションの開発前段階で必要な開発プラットフォーム環境の準備(サーバーの設置/OSのインストール/ネットワークの設定など)を大幅に省略でき、また、アプリケーション開発後のプラットフォーム環境のメンテナンス(サーバー負荷に応じたリソースの増強/OSアップデート対応など)にかかるコスト削減ができることがメリットです。

PaaSの代表的なサービス

現在、提供されているPaaSのサービスには次のようなものがあります。エンドユーザーにはなじみが薄いものばかりですが、システム開発や運用管理をされている方ならば、すでにチェックしているものもあるかもしれません。

  • 各種プログラミング言語を使用してWebアプリケーションの開発・公開が可能なGoogle App Engine
  • Webアプリケーションの開発から実行、運用までをクラウド上で完結できるHeroku

なお、ニフクラでは、DBサーバーの構築・運用・規模拡大の作業をコントロールパネルから簡単に行うことができる「RDB」などのサービスを、エンジニアリングパーツ(PaaS)というサービス群で提供しています。

IaaSとはInfrastructure as a Service の略で、「イアース」や「アイアース」と読む

IaaSはクラウドコンピューティングのうちの1つで、仮想化技術を利用してハードウェアリソース(CPU/メモリ/ストレージ)などのデジタルインフラをインターネット経由でオンデマンドで提供するサービスです。クラウドコンピューティングには、他にSaaSやPaaSがあります。

従来はシステムを構築する場合、サーバーやソフトウェアを自社で購入し、運用・メンテナンスも必要でした。
IaaSでは、自社でサーバーなどのハードウェアをもたずに、インターネット経由で必要な時に必要なだけサーバーやストレージ、ネットワークリソースを利用することができます。

IaaSのメリット

・サーバー購入の手間がなく、必要な時にすぐサーバー作成できる
・サーバー作成の自由度が高い(CPUやメモリ、OS、ミドルウェアを自由に選択できる)
・リソース増減やスケールアップ/ダウンが自由
・安価、かつ従量課金に対応している
・インフラの運用はクラウド事業者に任せられる
などが挙げられます。

IaaSの代表的なサービス

現在、提供されている代表的なIaaSのサービスとして、Amazonが提供する「Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)」 、マイクロソフトが提供する「Microsoft Azure」、Googleが提供する「Google Compute Engine(GCP)」などがあり、外資系メガクラウドベンダーとしてサービス展開しています。
また、日本国内で展開している国産のIaaSクラウドベンダーもあり、当社が提供するVMware基盤とした「ニフクラ」も数あるIaaSの中の1つです。

クラウドコンピューティングの種類

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA