そもそもオンライン申請?





現在の行政手続きはオンライン完結は1割未満となっています。

上記図は、日経オンラインより引用

行政手続のオンライン化については、「e-Japan戦略」2001年(平成13年)1月22日高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部決定)において、「2003年までに、国が提供する実質的にすべての行政手続をインターネット経由で可能とする。」と定められたことを受け、「行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律PDF(行政手続オンライン化法)」(平成14年法律第151号)等を制定し、基盤整備を進めました。

その後、さまざまな施策が講じられ現在に至っており、最新の概要は、デジタル手続法の概要(令和元年12月施行)の様に公表されていますが現状は上記の表のようであり、行政手続オンライン化法は満足に履行されず、今回の10万円給付金で馬脚が表れた格好となった。

安倍政権では他の案件でも色々とりざたされていますが、口先だけ、嘘つき首相といわれるゆえんでもある。

コロナウィルス関係外の現在の行政における、オンライン申請一覧




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA