「テレワーク」を実施する




ウィルス、オリンピックなどで、俄然、「テレワーク」を実施する企業が増えてきましたが、自宅で作業をするということは水道光熱費がかかります企業も、従業員も忘れがちです!!
下記にも箇条書きしてあります、しっかりと、取り決めを行う必要があります。

テレワーク導入のポイント

テレワーク導入にあたっては、労務管理方法、情報通信システム・機器、テレワーカーの執務環境の3つの側面から必要事項を検討することが大切です。
労務管理方法については、在宅勤務の場合、多くの企業では週に1・2日程度の実施が多いため、現行の労務管理ルールをあまり変更しない場合がほとんどです。
情報通信システム・機器については、情報セキュリティに配慮したシステムの導入が必要です。
在宅勤務時の執務環境については、就業者の健康に配慮した環境になっていること、情報の物理的セキュリティを確保できることが重要です。
なお、テレワーカー宅における通信環境や光熱費の経費負担については、会社負担を基調としつつ、あらかじめ、会社とテレワーカーで取り決めをしておくことが重要です。

  1. 費用:情報通信システム、在宅勤務の時は水道光熱費、通信費、事務用品を考慮
  2. 労務管理方法:時間管理の方法、労働災害、評価制度

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)
の申請は12/2(月)まで。

「時間外労働等改善助成金」のご案内:パンフレット
テレワーク補助金

『テレワーク』制度化が目的ではない。始めてみることが大切:事例紹介




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA