Googleが日本の中小企業を支援する





Googleは21日、日本の全国各地の中小企業を中心にデジタル化支援を行うことで、地域経済を活性化、日本経済への貢献を目指すプロジェクト「イノベーションジャパン」を開始した。

Google「イノベーションジャパン」のコミットメント

「長年、日本は最先端技術への積極的な取り組みにより、世界の経済を牽引してきました。今後、持続可能な成長や高齢社会問題の緩和、そして人工知能などの新しいテクノロジーを活用して豊かな日本社会をつくるためには、継続的なイノベーションが欠かせません。Google は日本のイノベーション パートナーとして、次世代を担うテクノロジー人材の育成、ビジネスにおけるデジタルの活用、労働力の活性化、地方創生の支援、世界に向けた日本文化の発信等に取り組んでいます。」

プロジェクトは、
デジタルトレーニングをビジネス成長の火付け役に
より先進的で、生産的な働き方を目指して
地域発のイノベーションを育てる
世界のユーザーに日本の魅力を発信
地方観光企業のデジタル化
日本の匠の技を世界に発信
を行う
具体的にはYouTubeやストリートビュー、GoogleマイビジネスやAdWordsなどGoogleツールを使かい情報発信支援を軸とし、ツールを使ったデジタルマーケティングを実践できる人材育成を支援する「デジタル教育」、自治体などが主催するピッチコンテストやハッカソンなどの企画支援や講師派遣、プロモーションやデジタルマーケティングプランの立案やコンサルテーションを行う「ベンチャー支援」から成る。

中小企業の現状は、経営者がデジタル化に取り組む意欲が無い!

今年の中小企業・小規模企業白書から「IT」という文字は消えました

ITは使用して当たり前、最近はAI・IOTという利用方法も出てきましたが、中小企業・小規模企業においては、会計処理をやっと導入するという感じを持っています。昨年は 間接業務の(「財務・会計」、在庫管理」、「給与管理・勤怠管理」、「受発注」、「顧客管理」)IT利用についてまとめられていましたが、中小企業白書では、第3部・第1章・第1節 3つの経済・社会の構造変化における「デジタル化」において、状況説明をしていますが、小規模企業白書においては触れていません。



カテゴリー: Google, 情報処理技術 | タグ: , , , | コメントする

モダン PC 登場




Windows7は2015年1月13日でメインストリームサポートが終了し、2020年1月14日延長サポートが終了します

モダン PCとは

  • 能率アップ:Windows 10 とインテル vPro™ プラットフォーム搭載の最新 PC は、一日中使える 9.5 時間のバッテリー継続駆動1,7、最大 2.1 倍速いマルチタスク機能1,5,6 を実現。
  • 安全性とセキュリティの確保:
    常に最新の状態に保たれている** 安全対策で、現代のセキュリティの脅威から情報とデバイスを保護します。
  • コスト削減:
    4 年を経た PC は保守と継続的なアップグレードが必要となることが多く、生産時間のロスを招いて収益にも影響を及ぼします。モダン PC へのアップグレードにより 34 万 9,983 円4,8 の運用コストの節約が可能です

MicroSoftが勧めるPC

icon
iconNEC VersaPro UltraLite タイプVB Features: Windows Hello 対応 (指紋認証) 8th Gen Intel® Core™ i5 vPro™ processor 12.5型 メモリ: 最大 8 GB ストレージ: 最大 512GB SSD 1.23 kg


iconHP EliteBook x360 1030 G3 (5FC73PA)
Windows Hello 対応 (顔認証/指紋認証)
8th Gen Intel® Core™ i7 vPro™ processor
13.3 型
メモリ: 16 GB
ストレージ: 最大 2TB SSD
約 1.25 Kg



LIFEBOOK UH90/C3 ピクトブラックWindows 10 Home 64ビット版
CPU インテル® Core™ i7-8565U プロセッサー (1.80-4.60GHz)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 約256GB
ディスプレイ 13.3型ワイドフルHD 広視野角液晶 (ノングレア)[1920×1080]
グラフィック Intel® UHD Graphics 620




カテゴリー: パソコン | タグ: , | コメントする

WordPress のバージョンアップ

WordPress5にバージョンアップを行いました

これまで使用していたバージョンはcssファイルが無くなったり、アクセス解析が出来なかったなりましたのでバージョンアップを行いました

しばらく、落ち着きませんがよろしくお願いします

リンクアドレスが崩れているものあります、気づき次第修正します

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

パソコンも「令和」になりました

今日、WindowsUpdateを行ない、和暦表示にて”令和”が表示されるようになりました

WindowsUpdateは1809版%201904(Windows 10、バージョン 1809 の機能更新プログラム x64 2019-04)の更新を行いました。

ダウンロードに20分、インストールに2時間、再起動に40分かかりました。

「令和」に対応できているかの確認はExcelで行いないました、下記はExcelを貼り付けた内容です、和暦を表示する書式は「[$-411]ggge”年”m”月”d”日”」です。

2019/4/29 平成31年4月29日
2019/4/30 平成31年4月30日
2019/5/1 令和1年5月1日
2019/5/2 令和1年5月2日
2019/5/3 令和1年5月3日
2019/5/4 令和1年5月4日
2019/5/5 令和1年5月5日
2019/5/6 令和1年5月6日
2019/5/7 令和1年5月7日

新元号対応へのマイクロソフトの取り組み

 

 

 

カテゴリー: 情報処理技術 | タグ: , , | コメントする

「Bootstrap」と呼ばれるCSSフレームワークを使用してみました 

Webサイトのデザインとは切っても切り離せない要素がCSSです。記述方法は至ってシンプルなため、覚えて使うこと自体は難しくありません。しかし、記述の自由度の高さから、「コードに統一性がなくなる」「他の制作への再利用がしづらい」などの問題につながるケースもあります。

当サイトには200ページ以上ありますが、上記で言うようにに統一性が無くって来ています、基本は内容が同等なページをコピーして使用していますがバラバラになってきています。

弊社も統一性のとれたCSS設計を行うために、現場においてスピーディーなコーディングを可能にするツールが、CSSフレームワークの「Bootstrap」を使用する事にしましたです。

CSSフレームワークには数多くの種類がありますが、BootstrapはTwitter社で開発されたフレームワークです。当初はTwitter Bootstrapと呼ばれていました。

Bootstrapは、再利用性の高いWebパーツや各レイアウトのデザインを整える機能を豊富に備えているため、CSSのコードを一から組むことなくWebサイトのデザインを進められます。

また、表示切り替えやアニメーションなど、ダイナミックなWebサイトを制作する際に必要なJavaScript・jQueryも手軽に読み込んで利用できます。

今では常識となりつつある、マルチデバイスやレスポンシブデザイン対応も容易で、コードとデザインを交互に眺めながら微調整をする手間が不要となったことも、Webデザイナーに とっては大きなメリットです。

「Bootstrap」を使用するためにここからダウンロードしました。
「Bootstrap」の最新は4.3.1です、「Bootstrap」の使用方法について紹介するページは沢山ありましたが
ここのページを利用しました。

手始めに、アクセス数の多い、

ワード(Word)とエクセル(Excel)の使い分け

のページに「Bootstrap」を使用した理由は、このページでは<table>タグを使用しています、この<table>タグをレスポンシブに対応させるためです。これまで使用していたCSSファイルも併用しています。

カテゴリー: ホームページ, 情報処理技術 | タグ: , | コメントする

GW10日連休 どうしますか?

GW10日連休 どうしますか?

GW10日連休が取れる人、取れない人…色々ですが

海外旅行に行く方は別として、10日間遊び続ける方もそうはいないませんね。

このようなときこそ、スキルアップして新しい仕事を探すたり、今の職場で力をふるうこともできますね。

この時期にGW10日連休に海外旅行に行っている方はそれなりのスキルがある方なのでしょう。

パソコンを使えるといっても一部の事だけだったり、ワードだけ、エクセルだけという方も多いようです

下記のページでスキルアップを

当サイトには上記以外にも200ページ以上が掲載されていますのでご覧ください

カテゴリー: Excel, word | タグ: , , , | コメントする

キャッシュレス社会(キャッシュレス決済)

昨年政府は、「キャッシュレス社会への取組み」を発表しました。
一般的には、キャッシュレス決済とも言いますが、○○PAYという言葉でも言い表されています。

そして今年(2019)はキャッシュレス決済の戦国時代

「PayPay」(ペイペイ)が2018年12月4日から実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」は各メディアが報じたので知らない人はいないでしょう。
これまでのキャッシュレス決済といえば主に、
・電子マネー・プリペイドカードによる決済(WAON・nanaco・Suicaなど)
・デビットカードによる決済(Visa・JCB・銀行のキャッシュカードなど)
・クレジットカードによる決済(Visa・MasterCardなど)
の3種類でしたが
スマホ決済アプリの登場で大きく変わろうとしています。
機能で大きく分類すると、
・非接触型決済(Apple Pay、Google Pay、おサイフケータイなど)
・コード決済(LINE Pay、PayPay、Origami Pay、pring、楽天ペイ、d払いなど)
の2つのタイプがあります。

ちなみに、PAYPAYとLINEペイを使用してみましたが利用するまで何回か失敗しましたがうまくいきました、金額のチャ-ジ方法は銀行とデジタルバンキングの契約をおこなっていましたので銀行口座からとしました。
銀行口座からのチャ-ジ方法だと、還元率は最大になるようです。

サービス名 決済方法 支払い方法 おすすめクレジットカード
PayPay QRコード、バーコード 先払い、後払い Yahoo! カード
R Pay(楽天pay) QRコード、バーコード 後払い 楽天カード
d払い QRコード 後払い dカード
LINE Pay QRコード、バーコード、プリペイドカードタッチ決済(QUICPay) 先払い
nanaco タッチ プリペイド式(5万円まで)、オートチャージ セブンカード・プラス
ORIGAMI Pay QRコードの読み取り、またはバーコード提示 金融機関口座での即時引き落としorクレジットカードによる後払い セゾンカード
WAON タッチ プリペイド式

あなたに合うのはどれ? 7種のキャッシュレス決済を比較

カテゴリー: 電子決済サービス | タグ: , | コメントする

当サイト内で使用しているjavascript 3個紹介します

当サイト内は200ページを超えていますが、そのページの中で使用している代表的なjavascriptを整理しましたので紹介します。

  1. 当日日付&時間表示
  2. 日付計算(あと何日)
  3. Hpの読み込み
カテゴリー: 情報処理技術 | コメントする

軽減税率対策補助金

消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者の方々が、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを行うにあたって、その経費の一部を補助する、軽減税率対策補助金制度

軽減税率対策補助金とは

複数税率対応レジの導入等支援
軽減税率対象商品を将来にわたり継続的に販売するために複数税率対応レジ又は区分記載請求書等保存方式に対応した請求書等を発行する券売機を導入又は改修する必要のある事業者が使える補助金です。
受発注システムの改修等支援
軽減税率対象商品を将来にわたり継続的に取扱うために、電子的受発注システムの改修・入替を行う必要がある事業者が使える補助金です。
請求書管理システムの改修等支援
軽減税率に対応するために必要となる区分記載請求書等保存方式に対応した請求書管理システムの改修・導入を行う必要がある事業者が使える補助金です。

軽減税率対策補助金申請へ

カテゴリー: 情報処理技術, 消費税増税 | タグ: | コメントする

PayPay使ってみました

今日初めて、PayPayを使用してみました。(コンビニで522円)

小銭の出し入れが無くて楽でした。

PayPayを使用するために残金をチャ-ジする必要がありますが、一般的には銀行口座からのチャージはできませんが、Yahoo! JAPAN IDと連携することで、Yahoo!ウォレットに登録した銀行口座やコンビニからチャージできます。私はYahoo! JAPAN IDを持っていましたので銀行口座からのチャージをしましたが、その前に自分の使用している銀行のデジタルバンキングを使用していないと銀行口座からのチャージはできません。
PayPay残高20%キャンペーンは銀行口座を登録すると20%還元となるようです。
LINEPayも銀行口座を登録して利用しようと思っています。
LINEPayを使用したらこの投稿をUPDATEします。

 

カテゴリー: 電子決済サービス | タグ: , | コメントする