消費税増税に対する対応はOK?




消費税実施迄の対応策は十分ですか?このブログでも取り上げた

    • 消費税増税対策:消費者の為に
      1. 幼児無償化
      2. 軽減税率
      3. 自動車・住宅購入支援
      4. ポイント制度
      5. プレミアム商品券
      6. 価格転嫁の柔軟化
      7. 事業者に増税後の値下げを促す指針の策定
      8. 国土強靭化
      9. 商店街活性化
      10. 防災・減災のための公共事業

以上ですが事業主の為に

軽減税率対策補助金

2019年10月から、10%(標準税率)と8%(軽減税率)の2つの消費税率になります。飲食料品などを扱う店舗が、この2つの税率(複数税率)に対応するレジや、POSレジ、レジ機能サービス、券売機などの導入・入れ替え・改修などにかかる費用の一部を国が補助する制度です。
申請はいつまで?
複数税率対応レジなどについて、2019年9月30日までに導入・改修し、支払いを完了しているものが補助金の対象になります。そして、申請書と領収書や製品の証明書などを添付して、2019年12月16日(消印有効)までに軽減税率対策補助金の事務局に申請します。
どれだけ得になるの?
複数税率対応レジを導入する場合の補助率は、3/4です。例えば、5万円のレジを導入する場合、自己負担は1万2500で済みます。また、レジ1台のみ導入し、費用が3万円未満だと補助率は4/5、つまり2万5000円のレジ1台導入する場合、自己負担は5000円となり、大変お得です。なお、レジ1台につき20万円が補助額の上限となります。

消費税率引上げ対応・キャッシュレス推進

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の一定期間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元等を支援する事業です。

経済産業省:キャッシュレス消費者還元事業

中小店舗のキャッシュレス決済を促進するために、キャッシュレス導入支援が今回の制度の目玉の一つになります。

決済事業者を通してキャッシュレスを導入する中小店舗には、端末一式の導入費用の全額が補助されます。
端末導入費用のうち、決済事業者が3分の1を、国が3分の2を補助します。

また、クレジットカード会社などに支払う加盟店手数料について、ポイント還元期間中(2019年10月1日~2020年6月30日)は3.25%以下とされ、さらに、その3分の1を国が補助します。



カテゴリー: 消費税増税 | タグ: , , , | コメントする

パソコンを廃棄するには






Windows 7 のメインストリーム サポートは 2015 年 1 月 13 日 (米国時間) に終了、そして、延長されていたサポート期間も2020 年 1 月 14 日に終了します、これに伴い、新しいパソコンに買い替えるる方も多いと思います。

古くなったパソコンは、一般ゴミに出せないことや、粗大ごみにも出せないことをご存知でしょうか?
パソコンをゴミとして、廃棄するには下記の協会に申し込むと適切に処理をしてくれます(無料です)

一般社団法人 パソコン3R推進協会

パソコンリサイクル

PCリサイクルは、「資源有効利用促進法」に基づく、ご家庭で不用となったパソコンを回収・リサイクルする仕組みです。回収して資源に戻すまでをパソコンメーカーが責任を持って行いますので、安心です。

パソコンメーカーによる回収のほか、平成25年4月から「小型家電リサイクル法」に基づく小型家電の回収・リサイクルも開始され、一部の家電量販店や市区町村ではパソコンの回収も行われています。

f:id:god-se60:20170907111403p:plain

パソコンを廃棄する時にはこれまで使用していたデータは外部記憶装置(USBなど)に保存すれば、新しいパソコンでも使用できます。 外部記憶装置が無い場合は、ハードディスクのみ取外し、接続機器を購入すれば、新しいパソコンでも使用できます。 古いキーボード、画面、マウスは、代替え用に残しておいてもいいと思います。
新しいパソコン買うために下記を参考として、ご覧ください。
パソコンメーカー一覧
ノート-パソコン価格