G+からLINEへ

Google+が4月になると終了しますので、人気のあるページからシェアボタンを

G+からLINEへ変更していますが、全体で200ページを超えているので、のんびり行っています。

LINEのシェアボタンはこのページから

ちょっと一言

LINEはパソコンではできないと思っている方いるらしいがパソコンでもできます。

 ここからダウンロードできます

2019 年 4 月 2 日をもって、 個人の Google+ アカウント終了

2018 年 12 月に発表された通り
  • Google+ ログインのボタンを使用してサイトやアプリにログインされているお客様は、今後数週間でこのボタンをご利用いただけなくなります。なお、このボタンの代 替として Google ログインのボタンが表示される場合があります。Google ログインのボタンが表示されていれば、引き続き Google アカウントでのログインが可能で す。詳細(リンク https://support.google.com/plus/answer/9217723#signin?
  • Google+ のサービス終了に関するよくある質問
  • Google+ を使用してご自身のサイトやその他のサイトにコメントを追加しているお客様は、Blogger では 2 月 4 日以降、その他のサイトでは 3 月 7 日以降、このコメ 
    ント機能をご利用いただけなくなります。各サイトに追加した Google+ コメントはすべて、2019 年 4 月 2 日から順次削除されます。詳細(リンク  
    https://support.google.com/plus/answer/9217723#blogger)
    
    私のサイトで管理するページは、ほとんど、G+リンクが入っているのでG+リンクを削除しなければならない!!

個人ページとFacebookページの違いは何?

Facebookを始めたのは、2012年ごろです、そのころはまだ、Facebookも落ちついていないようでしたが、チョロチョロと個人のFBを始めました。
個人ページ(OAコーディネーターズ)もすぐに作成しました。
今年の3月になりFacebookページ(自営業(個人事業主))が自動的に作成されました。

個人ページ

  • 本名でのみ登録ができる
  • 友達申請が可能(5000人まで)
  • 友達になった人の個人ページに「いいね!」や書き込みができる
  • 個人ページは1つしか作成できない
  • Facebookにログインしている人しか見れない
  • 投稿した内容は、Googleなどの検索エンジンには基本的に引っかからない(SEO効果はない)

Facebookページ

  • 本名以外での登録ができる(企業名・サービス名・イベント企画名など)
  • 友達申請はできない
  • Facebookページに「いいね!」をした人は、友達ではなく「ファン」として扱われる(人数は無制限)
  • 投稿した内容は、ファンのニュースフィード(お知らせ欄)に表示される
  • 複数のFacebookページが作成可能
  • Facebookにログインしていない人も閲覧できる
  • Facebook上での広告を打つことができ、インサイト(アクセス数やいいね!数を調べる機能)が使える
  • 投稿した内容は、Googleなどの検索エンジンの検索対象になる(SEO効果あり)

下図は機能の差です。

FaceBookの「友達」が1000人を超えてしまった

FaceBookの「友達」が1000人を超えてしまった!!
2月初旬から「友達申請」が毎日50人を超えて、特にフイルタリングはせずに、「承認」を行ってきましたら、ついに「友達」が1000人を超えてしまいました。

Facebookで「友達」の最大は5000人と言われていますが、そろそろフイルタリングするつもりです。

毎日、FaceBookからの、通知メールを削除するのに手を焼いています

「友達」は日本人以外の方が800人ほどになっています。

これまで、これといった手を打たずに「FaceBook」を開設していましたが毎日50人を「友達申請」超えると細かなチェックするのは時間がかかるのでとりあえず「承認」をしています。「承認」後に届くメッセージにの質により「友達」から、削除しています。

ある一人の方をきっかけに「友達申請」が増えるSNSの脅威を今更ながらに驚いています。

今日現在、1131人、「友達申請」も50人を超えています

各種SNSの始め方

前回「HPとSNSを連携して商品紹介」を記載しましたところ、各SNSの始め方について問い合わせがありました,
その方には個別メールでお知らせしましたが、調べた結果を上記の記事を観た方にもお知らせ致します。
代表的なSNSの始め方についての説明があるページを紹介します。

HPとSNSを連携して商品紹介

HP(ホ-ムページ)とSNS( social networking service:FacebookやTwitterなど)を連携して自社製品を紹介することにより思わぬ成果も現れます。
HPを作成しただけではなく、SNSを開設し逐次商品紹介をしましょう。
HP作成には、ある程度の予算で作成するが、その後のHPの内容改編には手が付けられない為、HPは名刺化してしまいます。
本来の名刺にHPアドレスを記載しても中々、HPアドレスを検索欄に入力して観る方、あるいは会社名を検索して観る方は少ないようです
えてして、製造業のHPは技術的紹介なのか、製品紹介なのか、「コレッ」といった部分にかけるようです。いたし方のないところではありますが、この様なことを解消するためにSNSを使用して「コレッ」といった部分を紹介する記事を書きHPの該当ページにリンクさせるとお客様に理解していただけます。
HP上では、動画を掲載できない場合は、スマートホンで動画を作成しSNSにアップすることができます。

HPの更新は自社でできなくなくても、SNSによる情報発信はそんなに難しい問題ではありません、初期は少し専門家に指導していただき、その後は自社で情報発信ができるようになります。

当方では、製品・商品は作成していませんが、OAコーディネーターズを知っていただくために、OACデータ連携という記事により上記内容を図として紹介しています