ExcelとAccess

Excelの利用方法として、勤務データ入力シート作成を公開していますが、このページが好評です。
Excelで勤務データを入力して管理することはできますが、少し工数がかかります。

もし、Office Professional
iconが、インストールされているならばAccessで作成した方が工数の削減にもつながり、さらに、勤務データを分析することなども容易となります。
ということで、Accessで勤務データ入力システムを作成する手順を公開しました。このシステムはダウンロードもできます。
勤務データ入力シート作成MicrosoftAccessで出勤簿を作成するを比較してみて下さい。

このサイトには、Accessに関連するページが下記のように用意されています。
Microsoft Accesssでシステム構築
生産管理システム Enterprise Resources Planning

Windows10の環境を自分専用にカスタマイズとMicrosoftOfficeのヒント

Windows10の環境を自分専用にカスタマイズ

上記リンクは 2 部シリーズの第 1 部へのリンクです

概要は

  1. ピッタリのテーマを見つける。300近いテーマがあります。
  2. 壁紙をあなたの物語に
  3. 目に優しく、夜間モードを使ってみる
  4. 集中するために、フォーカスアシストをオンにする
  5. スタートアップをシンプルに、スタートアップ時に表示されるライブタイルを切る
  6. よりはっきりと見るために、拡大鏡を使えば、画像や文字を大きく表示できます。

Microsoft ヒント

microsoftofficeのヒントアイコン
タスクバーに上記の記号が表示されていればインストールされています、無い時はwindowsストアからダウンロードします。
初期画面は
microsoftofficeのヒント画面
各アイコンの下にある、緑字のヒントをクリックする事で各アイコンに対応したヒントが表示されます。

Windows Update公開日

Windows Updateは、毎月恒例

アメリカ時間で毎月第2火曜日は、マイクロソフトから、Windows のアップデートが公開されます。
日本時間では時差の関係上、毎月第2水曜日または第3水曜日に公開となります。

パソコンのデフォルト設定では、起動状態時にWindows Updateデータが自動ダウンロードされ、アップデートはパソコンの再起動またはシャットダウン時に適用されます。

 Windows 10の場合は「品質更新プログラム」に分類される「累積更新プログラム」と「セキュリティ更新プログラム」(Adobe Flash Playerを含む)、Windows 7/8.1の場合は「セキュリティマンスリー品質ロールアップ」(「セキュリティのみの品質更新プログラム」の選択も可)が配布される日です。Officeアプリケーションの更新も、この日にリリースされることが多くあります。

 なお、Windows 10における品質更新プログラムの提供は「毎月1回以上」であり、第二火曜日と次の第二火曜日の間に、新たなセキュリティ更新を含まない累積的な更新プログラム(主にバグ修正のための新たな更新を含む)が提供されることがあります。こちらの提供がいつになるのか、事前に知る方法はありません。

Windows Update: FAQへ

MicrosoftOfficeをオンライン上で使える無料サービス

Office Online」では、Excel、Word、PowerPointなどを、WEB上で無料で使えます。
  *WEB上ということは、自分のPCに保存されるのではなく、「OneDrive」に保存されます。
購入すれば、
それぞれ数万円するOffice系ソフトが、
無料で利用可能です。

WEB上で作業するので、複数人でひとつのExcelシートを共有し、修正したりする事もできます。
新規でパソコンを購入し、officeを付けるとその分高くなります。
Officeが欲しいけど・・・と悩まれている方は、利用されてみてはいかがでしょう。