老人の取扱説明書

チョット 衝撃的な題名でしたので。


老人の取扱説明書 (SB新書)新品 ¥ 864
・・・・・・・公開メールより
老人の困った行動、原因は認知症にあらず?
「赤信号でも平気で渡る」
「急に『うるさい!』と怒鳴られた」
「私の作った料理に醤油をドボドボとかける」
「『早く死ねばいいのにと、思っているんでしょ?』と言われる」

老人からこんなことをされた覚えは、ありませんか?
すると、こう考えると思います。
「認知症でボケがはじまったから」
「価値観が古く、新しいことを受け入れない頑固者だから」
「若い人へのひがみが多くて、性格が悪くなっているから」
確かに、中にはこのような老人もいますが、
圧倒的多数の老人は、全然別の原因により、困った行動の数々を起こしていたのです。
しかも、老人になることで誰でも起きてしまう現象によります。
本書では、現役の医師であり医学博士の著者・平松類先生が、
10万人以上の患者と接してきた経験をもとに(その多くが老人)、
老人の困った行動の原因を明らかにし、
解決策も提案しました。
例えば、赤信号でも平気で渡るのは、
「周りのことを考えずに、車も勝手に止まってくれる」
と勘違いをしているのではなく、
「瞼(まぶた)が下がってくるうえ、
腰も曲がっているので、信号機がある上方がよく見えない」
など、体の状態が原因となっており、
性格やボケなどとは関係がないのです。
このように原因を知ることで、
イライラすることも減りますし、
どうすればいいのかも考え、実行できます。
例えば、
周囲は「信号が赤であることを伝える」「運転中に道路に老人がいたら、
スピードを落とす」
老人本人としては「瞼が下がらないように目のカンタンな運動をする」
「瞼が下がる原因となるコンタクトレンズを長時間使わない」
など、簡単なことで済みます。
本書は、主に次の方々に向けて、書かれています。
1、困った行動をする老人が身近にいる方
2、高齢者全般、高齢者に近い将来になる方
3、高齢者と接することが多い介護施設の職員や医療関係者など
大げさかもしれませんが、本書は、
今後絶対に訪れてしまう
「超高齢化社会」を生き抜くための”処方箋”です。
高齢者も周りの方も、高齢者の体の特性(原因)と、
解決策を知ることで、
イライラすることが減り、
少しでも快適に皆さんが生活できるようになりましたら、
これに勝る幸せはございません。

再就職:プライドとポリシー

この記事は2009年2月に掲載しました、最近は定年後に再就職される方も多くなりました
日経ビジネスSELECT:サラリーマン 「定年ホームレス」の落とし穴には定年後のには再就職に関する情報ものっています、その中で2009年2月に書いた内容と同等の表がありますの紹介します

コンサルタントをしようとする方へ
 ●教えてあげるではなく、一緒に勉強しましょうという方法が良い
————————–2009年2月に書いた内容———————–
近頃、早期退職や定年後に再就職をする方と接する機会が多くなりましたが、その方たちが再就職後の職場で楽しく仕事をできるかどうかの境目はプライドで仕事をするか、ポリシーで仕事をするかでしょう。
 ●プライドで仕事をする方は“私は・・・という仕事やってきた”という方
 ●ポリシーで仕事をする方は“私は・・・という仕事はこうあるべきだ”という方
さて、どちらの方が再就職先で喜ばれるでしょう?
面接時には、面接者が過去の仕事経験を聞き、感激して入社決定をすることも少なくありませんが・・・。
私が仕事先で若い人と話をすると、“あのおじさんは口ばっかり”という話をよく聞きます。
ポリシーとプライド、どちらが良いかお分かりですよね。

「65歳まで全員雇用」

いよいよこの4月から、「改正高年齢者雇用安定法」が施行される。大企業・中小企業を問わず、あらゆる企業は、希望する従業員を全て、「65歳まで雇用」しなければならないのだ。
雇う企業、雇われる従業員は、いかに対応する必要があるか。
企業が雇用を延長するには3通りある。1)定年延長、2)定年廃止、3)継続雇用(再雇用)の3つだ。実際には、1)や2)は難しく、現状では8割以上が再雇用を選択している。再雇用の場合、従業員はいったん退職し、嘱託などの形でそのまま会社に残る。賃金は現役時の6〜7割になり、ハーフタイム勤務など、勤務体系も変わってくる。
これまでも、企業は65歳まで雇用するため、3通りのいずれかの制度を導入しなければならなかった。ただし、労使で協議し、雇用延長しなくてもいい“基準”を定め、その基準に該当した従業員に対しては、企業は雇わなくても済んだのである。それがこの4月からはそうした例外は一切許されず、65歳雇用が完全義務となる。
東洋経済オンラインより

定年後?

サラリーマン生活をしていると、「定年」後の事が気がかりとは思いますが、私は20数年前に独立をし、自営となりましたので、「定年」とは縁はなく動け無くなるまで働かなければならないと言う事になります。サラリーマンの場合は退職金と年金ががあるので老後は比較的に楽に暮らせるのではと思っています。
自営の場合は年金といっても国民年金なので金額的に少なく楽な老後と言うわけにはいかないのが現状です。私がお手伝いをしている青色申告会の会員さんの話ですが、国民年金だけしか入っていないので年間支給額は100万程度との事でした。
日経のセカンドステージというサイトをみていると、「定年」後に気になる事が色々と書かれています。

団塊の世代

私は団塊の世代の始めの年、昭和21年生まれです。インタ−ネット(Google)で検索すると5、810,000件もヒットします。はてなダイヤリーでは
第二次大戦後、数年間のベビーブームに生まれた世代のこと。
堺屋太一が命名し、「昭和22年から26年頃までに生まれた人々」(1947年から1951年ごろまで)という定義をした。

コンピュータに不慣れで好奇心旺盛の人種です、ワンクリック詐欺にあう人も多いと聞きます、ご注意!!を。
私も「がんばろう60代」というページを作成してみました、右下のLINKSにある「がんばろう60代」をご覧ください。