Windows 10、2018年4月のアップデート

Windows Updateは、毎月恒例で行われていますが、年に2回ほど大型のアップデートも実施されます。
今回は「Windows 10 April 2018 Update」を行ってみました。アップデートする方は下記画面よりダウンローして下さい。
「Windows 10 April 2018 Update」
あるいは、スタートボタン→システム→バージョン情報の順で行って下さい。

ホームグループは Windows 10 (Version 1803) から削除されます 適用対象: Windows 10
 ホームグループは Windows 10 (Version 1803) から削除されました。
 ただし、ホームグループは削除されても、Windows 10 に組み込まれている機能を使って、引き続きプリンターやファイルを共有することができます。
 Windows 10 でプリンターを共有する方法については、「ネットワーク プリンターを共有する」をご覧ください。
 ファイルを共有する方法については、「エクスプローラーでファイルを共有する」をご覧ください。
 以降では、変更点と変更されない点について詳しく説明します。
【変更点】
 PC を Windows 10 (Version 1803) に更新した後:エクスプローラーにホームグループが表示されなくなります。
 コントロール パネルにホームグループが表示されなくなります。つまり、ホームグループの作成、参加、参加の終了はできなくなります。
 [トラブルシューティング] 画面にホームグループが表示されなくなります。この画面は、[設定] 、[更新とセキュリティ] 、[トラブルシューティング] の順に移動すると表示されます。
 ホームグループを使って新しいファイルやプリンターを共有することはできなくなります。

「Windows 10 April 2018 Update」での一般的な使い方をしている方には、”ヒント”画面が用意されたことや、
スマフォとPCとの検索がリンクされるようになりました。

大型のアップデートなのでダウンロードにも時間がかかりますが、再起動時間は1時間ほどかかります。

Windows Update公開日

Windows Updateは、毎月恒例

アメリカ時間で毎月第2火曜日は、マイクロソフトから、Windows のアップデートが公開されます。
日本時間では時差の関係上、毎月第2水曜日または第3水曜日に公開となります。

パソコンのデフォルト設定では、起動状態時にWindows Updateデータが自動ダウンロードされ、アップデートはパソコンの再起動またはシャットダウン時に適用されます。

 Windows 10の場合は「品質更新プログラム」に分類される「累積更新プログラム」と「セキュリティ更新プログラム」(Adobe Flash Playerを含む)、Windows 7/8.1の場合は「セキュリティマンスリー品質ロールアップ」(「セキュリティのみの品質更新プログラム」の選択も可)が配布される日です。Officeアプリケーションの更新も、この日にリリースされることが多くあります。

 なお、Windows 10における品質更新プログラムの提供は「毎月1回以上」であり、第二火曜日と次の第二火曜日の間に、新たなセキュリティ更新を含まない累積的な更新プログラム(主にバグ修正のための新たな更新を含む)が提供されることがあります。こちらの提供がいつになるのか、事前に知る方法はありません。

Windows Update: FAQへ

Fall Creators Updateのインストール終えましたか?

「Windows 10 Fall Creators Update」が2017年10月17日に提供が開始されましたが、当方では、「infine TPM profession Pakage」が邪魔をしていたのインストールできませんでした。
手すきが出来ましたので、「infine TPM profession Pakage」を削除して、Fall Creators Updateに更新しました。
時間は2時間ほどかかります、更新の最中に3回再起動が行われました。

Fall Creators Updateのインストールには、ウィルス対策ソフトが邪魔をしていることが多いようです。

当方のパソコンEpson社製ですが「infine TPM profession Pakage」の削除方法は、
Windows10 Fall Creators Update適用時に「Infineon TPM Professional Packegeのアンインストールが必要」といったメッセージが表示される場合の対処方法についてを参照しました。
Fall Creators Updateの詳細は下記をご覧ください。
Fall Creators Updateのインストールは没入型の新しい現実、 3D ストーリーテリング、連絡先とのより近いつながりやデバイスをまたいだ体験で、あなたの創造性と生産性を高めます。更新は PC の準備が整うと自動で始まります。 Update Assistant のダウンロードもできます。

進化を続ける Windows 10

Windows10の無料提供が終了してから、約1年が経過しました。大幅な更新も3回ぐらいありました。
最新バージョンは 「Windows 10 Fall Creators Update」となります。
新しい機能で解りやすいのは、「ペイント3D」と「フォト」です。
「ペイント3D」「フォト」を使用して、あなたのアイデアを 3D で形にする御覧下さい。

Windows 10は、個人用にカスタマイズして使う


Windows 10 では、ユーザー 1 人ひとりのニーズに応え、個性を尊重するために PC を設定できるようになっています。

Windows 10 のロック画面を個人用に設定して、重要な通知を表示できます。
ロック画面の個人用設定についてはこちら
お気に入りの写真や壁紙 (1 つに絞れない場合はスライドショーも可) を追加できます。

Windows コミュニティのメンバーから投稿されたものなど、Windows 10 用のさまざまな無料の壁紙から選べます。
無料の壁紙を入手するにはこちら >

退屈なデスクトップに
さようなら
Windows 10 には、ユーザーの興味や気分に合うように、さまざまなデスクトップ テーマ (デスクトップ背景画像、ウィンドウの色、サウンドの組み合わせ) が用意されています。
デスクトップ テーマを選ぶにはこちら >

Windows 10 のヒントとこつ
使用頻度の高いアプリやファイルにすばやくアクセスするには、 スタート メニューをカスタマイズしてそれらを追加しましょう。
スタート メニューのカスタマイズ方法についてはこちら >
お気に入りのオンライン コンテンツにすばやくアクセスするには、Windows 10 用に設計されたブラウザー Microsoft Edge の [スタート] ページや [新しいタブ] ページをカスタマイズして、ニュースやサイトを表示させることができます。
Microsoft Edge のカスタマイズ方法についてはこちら >

Windows10の 社内での導入を 1人でやってみる

Windows10の 社内での導入を 1人でやってみる
上記の資料は
https://www.microsoft.com/ja-jpのサイトで今年の1月に紹介されましたが私もコンサルティングに必要と思いましたのでダウンロードして、Windows関連情報(Windows10 へ)の記事に使用していますが
上記の資料のダウンロード回数が先月は200回を超え今月も200回を超えるようです。

**2018/03 ダウンロード回数が先月は470回でした**

今年になり、企業もWindows 10の導入考えているのでしょうか?下記は資料の中に出てくるマスコット

「Windows10の 社内での導入を 1人でやってみる」という資料の次の資料として
Windows 10 イチから導入ガイド 2が発表されました。

企業としてまだwindows7を使用していてwindows10に変更するサイトが出来ました

https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/article/windows10-portal/upgrade.aspx
windows7からwindows10更新資料

★Windows Vista サポート終了まで残り10日!★

017年4月11日(日本時間:4月12日)にマイクロソフト社によるWindows Vistaのサポートが終了します。【残り10日】です。

サポートが終了すると、Windows アップデートやセキュリティソフトの
更新ファイルが提供されないなど、セキュリティ対策の観点から、Windows Vistaを
搭載したパソコンの利用を継続することはおすすめできません。
お使いの PC を最新環境へ移行する際、データのバックアップやソフトウェアの移行、周辺機器の互換性の確認など、十分に準備をして、移行されることをお勧めいたします。今後訪れるサポート終了に備え、より快適に PC をご活用いただくためにも、ぜひ最新の Windows 10 への移行が妥当です。
パソコンを買い替える方は下記を参考にして下さい。
パソコンを買い替える前に
パソコンメーカー一覧

最近のパソコン?(ランプのお話し)

私は、パソコン指導をお客様の家で行ったり、青色申告会で行っておりますが、最近はノートパソコンが多くなった感がありますが、最近のノートパソコンには、パソコンの状態を表しているランプがついてないものもあります。チョットびっくりします。
パソコンに付いているランプには、

  • 電源ランプ
  • バッテリーランプ
  • アクセスランプ
  • Scroll Lockランプ
  • Num Lockランプ
  • Bluetoothランプ
  • 無線LANランプ

等がありますが、最近、見たパソコンにはランプが一つも付いていませんでした。
「アクセスランプ」がついていないと、パソコンが動いているか?止まっているか?解りません。
Windows10になってからは、いつ、Updateが動くかわかりませんが、Updateの途中で電源を切ってしまうと
次回、立ち上げたときに時間かかってしまいます。
お客さんには、“立ち上げがおかしい?”と言う方もいます。

コストを下げるために、ランプを付けていないのだと思うが、「アクセスランプ」ぐらいはつけてほしいものです。

Windows10 タスクバーを理解する

個人ユーザーは、ほとんどWindows10使用しているようですね。Windows10 には新機能が追加されていますが、タスクバーのボタンも新規のボタンが追加されていますが、パソコンの指導にいくと新規のボタンは、無視?されているようです。
そのような方のために件名と同様のページを作成しましたので下記ページを作成しご覧ください。
Windows10 タスクバーを理解する