ホームページ作成の変化

ホームページを作り始めて10年を超えてきました、作り始めは、IBMパソコンにインストールされていたホームページビルダーで顧問先のホームページを作成しました。まだ、弊社に残るXPにありますが使用していません、IBMホームページビルダーはVER13まで進化しているようです。

*ここから先は、業務用に使用しているパソコンの話ではなく、一般的に使用するパソコンの話です。

ホームページを閲覧するメディアも変化し、パソコンのみから、タブレット、スマートフォン、ゲーム機(will)などとなってきました。 ホームページの作成もそれなりに変化してきました。

大きな変化はメディアが変わることによる画面に対応した作り方です。
パソコンのみに対応していたころは、四角形を意識してきましたが、パソコンの主流がノートパソコンに変り、さらに画面は横長の14インチが多くなってきました。
ゆえに、これまで作成していたページは左寄りに表示され、ちょっと見た目が悪いことになってきましたので、横長画面の時は中央に表示されるように変更しました。(CSSの変更のみ)

ここ1・2年は、全てのメディアに対応するホームページが増えてきました。14インチ画面(4角形)で閲覧すると“ワッデカイ”と感じます。スマートフォンなどで見ると丁度いいのかも?

私も時流に乗り、アクセス数の多いページから全てのメディアに対応するページを作成してみました。
この投稿のアイキャッチ画像(ロゴ)は、今回作成しましたが大きすぎて少し欠けています。トップページを見ていただければ新しいロゴは全て表示されています。

とりあえず、このサイトのトップページなど数ページを作成しました、時間のある時に変更しようと思っています。

*私はデザイナーではないので、デザイン的には“いいね”とは思っていません。

primark

最近のパソコン?(ランプのお話し)

私は、パソコン指導をお客様の家で行ったり、青色申告会で行っておりますが、最近はノートパソコンが多くなった感がありますが、最近のノートパソコンには、パソコンの状態を表しているランプがついてないものもあります。チョットびっくりします。
パソコンに付いているランプには、

  • 電源ランプ
  • バッテリーランプ
  • アクセスランプ
  • Scroll Lockランプ
  • Num Lockランプ
  • Bluetoothランプ
  • 無線LANランプ

等がありますが、最近、見たパソコンにはランプが一つも付いていませんでした。
「アクセスランプ」がついていないと、パソコンが動いているか?止まっているか?解りません。
Windows10になってからは、いつ、Updateが動くかわかりませんが、Updateの途中で電源を切ってしまうと
次回、立ち上げたときに時間かかってしまいます。
お客さんには、“立ち上げがおかしい?”と言う方もいます。

コストを下げるために、ランプを付けていないのだと思うが、「アクセスランプ」ぐらいはつけてほしいものです。

IBM PCの中

XP機(IBM PC)からすべてのデータをWIN8.1機にデータ移行を終えていたが、プログラムホルダーにあるデータが必要になったためふたを開けてHD取り出しました。
さすが、HD取り出しやすくできていたし、なんと、HDにはトッテもついていた。
hd1
Ibm_pc
ふたを上にあけられ、手前も上に引き上げられるのでHDの取り出しは容易にできました