環境破壊→地球破壊→ECO

先週、時間ができたのでエコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展行ってきました。一般の来場者に混じり、小学生、中学生、高校生も団体もチラホラ見かけました、若い方に
環境破壊→地球破壊→ECO
を理解しないまでもこの様な問題に触れるとゆうことは、今後、大人になったときに何らかの期待が持てますね。
環境破壊→地球破壊→ECOは
お分かりと思いますが「環境破壊」が進むことで「地球破壊」となってしまう、それゆえ「ECO」という事が必要になってくるのです。
今回、初めて見聞きした、「ナノセルロース」とい言葉であり「もの」でした
「セルロースナノファイバーは鋼鉄の5分の1の軽さで5倍の強度を持つ、再生可能な新素材として注目されており、国内で10社以上が製品・サンプルを供給する一方、数多くの企業が用途開発に取り組んでいます。ナノセルロース展には35社・機関が出展し、研究開発から事業化まで、製造技術から用途開発までの最新情報をわかりやすく紹介します。ビジネスパートナーを探しておられる方、これからビジネスをお考えの方、必見です。」
このブースには結構人だかりがありました。新素材だからでしょか?

私自身は、これらの問題にもともと関心があり、数年前に知り合った会社もエコプロ2016に出展していました
私のサイトで関連するページは