ITプロジェクト実態調査 2018

この記事は

日経 xTECH Activeメール 2018年05月08日からの抜粋であり、私の覚書でもあります

それぞれの記事を読むと、“さもありなん”と思います。
下記の記事を読んでいて思い出しました、このブログに今年の1月30日
システム導入を考えるという記事を書きました、この記事はシステム導入についての注意点をだれでも解かる言葉で書いてありますので一読を!!
——————————————————————————
ITプロジェクト実態調査 2018

 1745件のシステム導入/刷新プロジェクトのうち47.2%が「失敗」――。
日経コンピュータの独自調査で浮き彫りになった、残念な現実である。

 果たしてどんなシステム導入/刷新プロジェクトが失敗しやすいのか。
本特集では、スケジュール、コスト、満足度の3軸から失敗の原因と対策を探る。

生産管理システムと会計管理システムとのデータ連携。







前回の投稿の

生産管理システムと会計管理システムとは、別々に販売されていますが、両システムにおけるデータ連携が行われていないのが現状と思います。SI業者のホームページを観ても生産管理と会計管理は別々に分けて紹介されているが、両システムにおけるデータ連携については記載されていない。
例えば、生産管理で作成した出荷データは請求データとなり、会計管理では売掛金データとして、更に、仕入データは買掛金データとして使用できます。なぜなのか?この原因はシステムが異なるため、また、システム利用者が異なる(現場系と管理系)ためと思われる。
この、問題を解決すれば、作業効率(作業時間短縮・データ入力ミス)は格段に向上することが考えられます。
よく聞く話として、経理の方は月末は忙しく残業も多いと聞きます、一因は、各部署から上がってくる伝票が月末に集中しているためです。
上記で、記述した売掛金データ、買掛金データが伝票ではなく、データとして受け取ることができれば、このような話はなくなるでしょう。
下図は上記処理概要です。生産管理システムから請求書データをエクスポートして会計管理システムで入力可能なCSVファイルを作成し会計管理システムでインポートすることによりデータ連携が可能となります。
太字部分(下図)を考慮したものをMicrosoftAccessで作成してみました。

一般的に、生産管理システムには請求書データをエクスポートする機能は用意されていないので、カスタマイズとして新規に作成することになるが少なくとも20万円以上の費用が必要となります。「請求書データをエクスポートして、CSVファイルをさする処理」をMicrosoftAccessやExcelで作成します。
会計管理システムには請求書データをインポートする機能(各種仕訳データ)は用意されているが使用していない企業が多いようです。仕訳データの様式は各システムにおいて異なるが、
ある会計管理システムの仕訳データの様式です。
参考ページ
生産管理システムへ
Microsoft Accesssでシステム構築へ

上記についてのお問合わせは下記よりお願い致します。







前回の投稿の

OACデータ連携(リビジョン: 10)

なぜ、この様な記事を書いたかというと、最近は自社のHP(サイト)を持つ会社はすくなくないですが、作成しっぱなし状態の会社が多いようですね。HP(サイト)を作成したら日程を決めて更新することが大事です。単なる名刺的なっているようです。中小企業の多くは、自発的な情報発信さえほとんどしていない、SNS(無料)と良い場があるのに利用していない様です。
HP(サイト)を作成したらSNS( social networking service:FacebookやTwitterなど)を利用して拡散することも、大事です。
OACデータ連携
各ブロックのリンクアドレスは下記です
まとめ
wordpress
Twitter
Facebook
hatenablog
はてなブックマーク
緑線は、手作業による書込み、茶色線は、リンクの追加の意味です。
「連携」:Wordpressのプラグインによる自動連携、及びTwitterの自動連携によるもの。
oac-aka.comへのHP追加・更新は手作業によるもの(線はない)
wordpressはブログとして使用、ブログは、ほかにも、nifty、google、yahooなどを使用している

この図は、ある会社の情報をネットを使用して拡散方法について説明を行ったPP(パワーポイント)の図を引用しました。
ブログの情報をまとめたページをgoogle APIを使用して作成しています