OAコーディネーターズ

OAコーディネーターズの創業理念

当方は昭和60年1月に創業しましたが、このころのコンピュータ(パソコン)は、まだまだホビーの領域で今日のように、家庭でコンピュータを使うことを考えていない方が一般的でした。
しかしながら、いずれコンピュータ(パソコン)が身近な道具となることを信じて創業しました。
創業から20年以上、経過した今日は、パソコンは急速に進化しました、コマーシャルほど簡単ではないコンピュータを中小企業・個人事業主が有効活用して快適にIT化(情報化)時代を 過ごしていただくことが私たちの願いです。
知識はもちろん、長年蓄えた知恵をご利用ください。

情報化について

コンピュータを導入するだけではダメ!

まずは自社の情報と情報の流れを整理してからITの導入を検討する(業務プロセスをそのままにしてシステム(IT)化だけを行ってはいけません)。
システム導入後の保守内容(情報の流れが変わったときの対応)を明確に説明を受けておくこと。 実務は必ず変化します。(伝票の様式を変えたい→対応をどうするか)
中小企業庁2013年版中小企業白書の「第2部第4章 情報技術の活用」では、IT(情報技術)は約70%以上の企業が必要、活用は有効であるが、・・・ITを活用していく上での人材確保や投資コスト負担等の課題がある”と言われています。

2000年問題その後,約10年以上が経過して

2000年問題を境に,オープンシステム(サーバー,パソコン)を導入した企業においては,2000年問題から10年以上経過し,ベンダーからリプレース(新機種への買換え等)を持ちかけられる企業も多いと思いますが,その時,ベンダーの言いなりにならない為、私共に相談することが大事です。