“モバイルフレンドリーではありません”からの脱却

ビュアーで検索した時にこのページは“モバイルフレンドリーではありません”と表示されるようになっていますが、タブレットやスマホで見たときに見づらいという事ですが、見ることができないという事ではありません。
とはいえ、“モバイルフレンドリーではありません”という表示がされるとユーザーは見てくれません。

私は“モバイルフレンドリーではありません”を表示させないようにする為に(SEO対策として)、
第一番に画面サイズや画像などの固定値での指定を削除する方法を取りました。
そして、Googleが無料で公開しているモバイルフレンドリーテストツールを用いて、Webページがスマートフォンでの閲覧に適しているかどうかをチェックしています。

そのほかに<table>タグの使用をやめ、CSSグリッド(iota)を使用しすることにしました。本当に簡単に表が表現できます。

アフリエイト方法用のページを(みっともないページですが)iotaを使用して”モバイルフレンドリーではありません”からの脱却しました。列の幅などを「width」などで指定していましたが、幅の指定をしなくても自動的にアサインしてくれます、ほかにも<table>タグを使用していたページもiotaを使用して変換しました。

このブログもスマートフォンに対応するためにWPtouch Mobile Plugin 無料というプラグインをインストールしました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください