業務改善:情報処理

・・・業務改善(業務の効率化)を行いたい、行うには・・・という文言を良き見聞ききしますが、ネット上にも煩雑に現れます。
製造現場における業務改善は、一部異種な部分もあると思いますが、基本は情報処理を正確・確実に行うことと考えています。
情報の発生源において、正確に情報が記録されることが第一の条件です、そして、各部署(次工程)にスムーズに、正確に伝わることが重要です。
 *企業においては、自身が扱う情報が、どこの部署(誰)が作成したのかを知らない人も少なくありません。情報の流れを理解していればトラブルに遭遇した時に対処も素早く行えるでしょう。

タイトルに表現した「業務改善:情報処理」の意味は、業務改善を行うには情報処理を正確・確実に行うことを意味しています。業務の管理者(経営者)においては自社の情報処理がどのよう行われているか把握するされているでしょうか?

業務改革

業務改善を行うには、自社の業務フロー(ワークフロー)を作成することをお勧めします。このリンク先は、易しく書かれていますご一読を。

Facebooktwittergoogle_pluslinkedinrssyoutube
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください