地域経済分析システム(RESAS(リーサス))

「地域経済分析システム」、いわゆる「ビッグデータを活用した地域経済の見える化システム」を、経済分野に限らずさまざまなデータを搭載することで、地方自治体が「地方版総合戦略」の立案等をする際に役立てていただけるシステムへと再構築しました。この「地域経済分析システム」は、英語表記(Regional Economy (and) Society Analyzing System)の頭文字を取って、“RESAS”(リーサス)と呼ばせていただきます。

https://resas.go.jp/#/13/13101のToppageへ
Google Chromeでご覧くださいとありますのでご注意!

RESASに搭載されている各種ダウンロードデータは、
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/resas/analysis/index.htmlで行えます。
ps
自分の覚書として作成

Facebooktwittergoogle_pluslinkedinby feather

oac-aka について

情報処理に関与して40年を超えました、オペレータ、プログラマー、SEと経験とともに仕事の内容も変化してきました。現在は各種ソフトの指導、パソコン操作指導などコンサルティング的な仕事をしています。さらに、これまでに関与した業務のシステム化で蓄えた知識により業務改善など指導を行っています。 誰でもがコンピュータを使えるようになるためにボランティア精神で頑張っています。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

地域経済分析システム(RESAS(リーサス)) への2件のフィードバック

  1. oac-aka のコメント:

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆◇ JST社会技術研究開発センター(RISTEX) ◇◆
    サイエンスアゴラ2015 トークセッション
    「マイナンバー制でどうなるニッポン!? ~IT利活用の発展と社会~」
    http://www.ristex.jp/eventinfo/scienceagora2015/
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

    【趣 旨】
    政府は、成長戦略の柱としてITを経済成長のエンジンと位置づけ、世界最高水準のIT利活用社会を実現する「世界最先端IT国家創造宣言」を閣議決定し、
    内閣情報通信政策監(政府CIO)を中心にした取組が進められています。マイナンバー制度の導入やパーソナルデータに関する法律の見直し
    が進む中、「IT利活用ビッグバン」はどのような恩恵を国民と社会にもたらすのでしょうか。
    本トークセッションでは、政府の担当者から取組の現状や想定される国民生活や社会の変化、今後の課題について紹介していただきます。さらに、
    今後行政や産業に与える効果や影響、新事業・新サービス創出への期待について議論します。

  2. oac-aka のコメント:

    科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)
    「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域
    公開フォーラム開催のご案内
    「変容する社会と 「私」 の安全 -「公」との新しい“間”を考えよう-」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [日 時] 平成28年2月21日(日)午前10時~午後4時
    [場 所] 学術総合センター内 一橋講堂2階 中会議場1~4
    (東京都千代田区一ッ橋 2-1-2)
    [参加費] 無料
    【参加申込はこちら】 >https://form.jst.go.jp/enquetes/RISTEX_pps01
    【↓プログラム等、詳細はこちら↓】
    http://www.ristex.jp/eventinfo/pp-spheres01/

    [概要]
    平成27年に発足した「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開
    発領域は、近年、公共圏と親密圏の変容に伴い顕在化する発見・介入しづらい
    「私的な空間・関係性」における事件や事故を低減・予防し、安全な暮らしを創
    生する研究開発を推進する領域です。公私を橋渡しする「間」の仕組みを構築
    することで問題解決を目指しています。
    公開フォーラムでは、午前は、平成27年度に採択されたプロジェクトとともに
    研究開発領域の問題意識や目指す社会の姿を紹介します。午後は、ご来場の皆
    さまとともに、安全な暮らしを創生するためにこれから考えるべき課題を検討
    したいと考えます。

    平成28年度には新たなプロジェクトの募集がはじまる予定です。応募を検討さ
    れている方、また、行政や公益法人などで活動されている方など、領域にご関
    心をお持ちの幅広い方々のご参加を心よりお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です