GAFA:巨大IT企業の市場独占?

GAFAとは?

GAFAとは、アメリカ企業の「グーグル(Google)」「アップル(Apple)」「フェイスブック(Facebook)」「アマゾン(Amazon)」それぞれの頭文字をとって作られた造語だ現在、世界時価総額ランキングの上位をこの4社が占めているのだ。

GAFAの市場独占が問題に

GAFAは買収や新規事業の立ち上げを通じて、異なる事業領域での展開を進めている。しかし、いずれももともと販売や広告を展開する基盤となる場所を提供する「プラットフォーマー」だ。Facebookであれば、SNSとしての機能だけではなく、その利用者に広告を提供することができるのである。

GAFAはプラットフォームとして人々の暮らしを豊かにしてきた。Googleは膨大な情報をわかりやすく整理することで、必要な情報にすぐアクセスでき大変便利だ。広告に関しても、ターゲットをセグメントして適切な人に配信できるようにしている。

GAFAは通信環境に依存している

昨年、12月6日午後1時半ごろからソフトバンクの携帯電話サービスなどで大規模な通信障害が発生して、仕事や日常生活に影響が起きました、GAFAの市場独占が問題になってはいるものの、日本においては、携帯電話料金を引き下げるため総務省が緊急提言し携帯大手の料金プラン改善に向けた緊急提言を決定した。

あまり取りざたされてはいないが、インターネット通信料金についても総務省は検討課題として取り上げるべきと思う。

You need to add a widget, row, or prebuilt layout before you’ll see anything here. 🙂

You need to add a widget, row, or prebuilt layout before you’ll see anything here. 🙂