システム導入を考える

新年度からシステム導入を考える企業も多いように思われます。
システム導入と言っても企業規模により、様々なシステムと方法が考えられます。

私がこれまでに、関連した企業のシステム導入後で感じたのは

  • 分相応なシステムを導入
  • システム運用に手を焼いている(データ入力に担当者増加)
  • システムに蓄積された情報を効果的に使用いない( 受注データを分析して受注予測を行い在庫率の軽減のなど)

システム導入前に必ず行うことは「業務フローを作る」事です、自社の業務がどのように行われているのかを把握せずにシステム導入をおこなっても必ず破綻します。(“システム屋さん”の言いなりにならないことです)
「業務フローを作る」には、各部署の担当者が集まり、ワイワイガヤガヤとなりがちですが各自の意思の疎通を図るいい機会として行うことが寛容です。
ある程度の企業でしたら、WordやExcelを使用して情報処理を行っているいると思いますが、これらの情報を融合することで事務工数半減が行えます。

システム導入時には、「何のために導入をするのか」「どんな課題を解決するためなのか」、システム導入の目的を明確にすことが大事ですが、システムは必要データの入力を行わなければ、それなりの効果は発揮できません。
前述したように、データ入力に工数がかかることを認識しておかなければなりません。

.働き方改革は労働時間関連が主流。鍵は意義明確化とミドルマネジメント

日本企業の経営課題 2017 調査結果[速報版]より抜粋
「残業時間削減 」「休暇取得促進 」ともに約 8割が取組。半数近くは目標数値を設定。
働き方改革の様々な領域について取組状況を伺ったところ、「残業時間削減」「休暇取得促進」「勤務時間の柔軟性・裁量性向上」「無駄な業務の削減」などの取組が顕著となった。
特に「残業時間削減」「休暇取得促進」については半数近くの企業が目標数値を設定していた。
一方で、テレワーク等勤務場所の柔軟性、雇用形態、新しい働き方に対応した人事制度対応などは、3割程度の取組率となった。さらに、副業や兼業、インディペンデント・コントラクターの活用などは少数にとどまった。

働き方改革についての取組状況

—————————————————————————————-
「情報処理」(Information Processing)って何だ?より抜粋
政府が提案した「働き方改革」では、・・・長時間労働を自慢するかのような風潮が蔓延・常識化している現状を変えていく。さらに、単線型の日本のキャリアパスを変えていく。人々が人生を豊かに生きていく。中間層が厚みを増し、消費を押し上げ、より多くの方が心豊かな家庭を持てるようになる。そうなれば、日本の出生率は改善していく。・・・項目として

  1. 働く人の視点に立った働き方改革の意義
  2. 同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善
  3. 賃金引上げと労働生産性向上
  4. 罰則付き時間外労働の上限規制の導入など長時間労働の是正
  5. 柔軟な働き方がしやすい環境整備
  6. 女性・若者の人材育成など活躍しやすい環境整備
  7. 病気の治療と仕事の両立
  8. 子育て・介護等と仕事の両立、障害者の就労
  9. 雇用吸収力、付加価値の高い産業への転職・再就職支援
  10. 誰にでもチャンスのある教育環境の整備
  11. 高齢者の就業促進
  12. 外国人材の受入れ
  13. 10 年先の未来を見据えたロードマップ

となっています。

200ページを超えました。

www.oac-aka.comを立ち上げて10年を超えました。
このサイトの利用は弊社の宣伝用としてが1番の目的ですが、仕事をしていて質問の多い事項や自身の気になる情報などについて、各種ページを作成してきましたその数は200ページを超えました。
全体像はサイトマップでご覧ください。

各種ページのアクセス数を見ているとチョット大袈裟ですが世相が見えてきます。
***
男性と女性のネット検索数を見ると、男性>女性となっています、女性は口コミで情報を得ている?
男性は高齢であってもネット検索を使用しているがと女性は高齢となると家事が忙しいのかネット検索を行わない?
***
毎月トップページに当サイト先月アクセスベスト3を掲示していますが
Gif画像ファイルの作り方
  単純なことですがWindows基本ソフトを知らないことが解ります。

ワードとエクセルの使い分け
  古い言葉かもしれませんがWord派・エクセル派という方が多いようです。
定年後に起業してみる?
  老後の不安(年金)からか50歳代、60歳代からのアクセスが多い
が固定的なっています。
***
ページの事ではありませんが、前にもコメントで書いたことですが、このサイトにおいてある
Windows10の社内での導入を1人でやってみる。
のダウンロードが今年になっても多いようです。