地球温暖化→真夏日の増加

最近の夏は、真夏日の増加が増えていますね。天気予報では真夏日に対する注意しか言わないが、真夏日の増加に関する情報は時間の関係で言いません。
暑い暑いと言っているだけでは??? 私の若いころは「熱中症」などと言う言葉はなく、「日本脳炎」(蚊が媒体ですが)に気を付けて言われていました。

全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)では、
【温暖化が最も進めば、真夏日が今世紀末には約53日増】
温室効果ガス濃度上昇の最悪のケースでは、今世紀末の真夏日は現在と比べて全国では平均52.8日増加すると、環境省・気象庁は報告している。
ちょっと古いが

年々、増加し続けている猛暑日。地球温暖化と都市化との関係とは?

地球温暖化は止められるのか?自分が頑張っても?日本だけが頑張っても?どうしようもないと思わずに、
個人が、国が、もっと地球温暖化防止に、気を配ってほしいと思う今日この頃です。
最近のCSで、赤道近辺の砂漠化が進んでいるという番組をみて、孫が成人なる時代はどうなっているか?と思ったが、そのころ私は存在していない。
このサイトで私が作成したECO関連ペ-ジは

環境破壊→地球破壊→ECO

先週、時間ができたのでエコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展行ってきました。一般の来場者に混じり、小学生、中学生、高校生も団体もチラホラ見かけました、若い方に
環境破壊→地球破壊→ECO
を理解しないまでもこの様な問題に触れるとゆうことは、今後、大人になったときに何らかの期待が持てますね。
環境破壊→地球破壊→ECOは
お分かりと思いますが「環境破壊」が進むことで「地球破壊」となってしまう、それゆえ「ECO」という事が必要になってくるのです。
今回、初めて見聞きした、「ナノセルロース」とい言葉であり「もの」でした
「セルロースナノファイバーは鋼鉄の5分の1の軽さで5倍の強度を持つ、再生可能な新素材として注目されており、国内で10社以上が製品・サンプルを供給する一方、数多くの企業が用途開発に取り組んでいます。ナノセルロース展には35社・機関が出展し、研究開発から事業化まで、製造技術から用途開発までの最新情報をわかりやすく紹介します。ビジネスパートナーを探しておられる方、これからビジネスをお考えの方、必見です。」
このブースには結構人だかりがありました。新素材だからでしょか?

私自身は、これらの問題にもともと関心があり、数年前に知り合った会社もエコプロ2016に出展していました
私のサイトで関連するページは