アルコール依存症とは?

ある芸能人がアルコール依存症?とかで入院したようです、チョットアルコール依存症について調べてみました。

心理オフィスKよりの抜粋です

アルコール依存症とは
 アルコール依存症・アルコール使用障害について解説します。アルコールは健全に飲めば百薬の長となりますが、過度に飲みすぎると精神的にも身体的にも多くの損傷を負ってしまいます。以下にアルコール依存症・アルコール使用障害の特徴を述べ、治療方法についても説明します。

アルコール使用障害のDSM-5における診断基準

    A. 臨床的に重大な障害や苦痛を引き起こすアルコール使用の不適応的な様式で、以下の2つ以上が、同じ12ヶ月の期間内のどこかで起こることによって示される。

    1. アルコールをはじめのつもりよりも大量に、またはより長い期間、しばしば使用する
    2. アルコールを中止、または制限しようとする持続的な欲求または努力の不成功のあること
    3. アルコールを得るために必要な活動、アルコール使用、または、その作用からの回復などに費やされる時間の大きいこと
    4. アルコールの使用に対する渇望・強い欲求または衝動
    5. アルコールの反復的な使用の結果、仕事・学校または家庭の重大な役割義務を果たすことができなくなった。
    6. 持続的あるいは反復的な、社会的なまたは対人関係の問題がアルコールの影響により引き起こされたり悪化したりしているにもかかわらずアルコール使用が持続
    7. アルコールの使用のために重要な社会的、職業的または娯楽的活動を放棄、または減少させていること
    8. 身体的危険のある状況でアルコールを反復使用する
    9. 精神的または身体的問題が、アルコールによって持続的または反復的に起こり、悪化しているらしいことを知っているにもかかわらず、アルコール使用を続けること
    10. 耐性、以下のいずれかによって定義されるもの:
      1. 酩酊または希望の効果を得るために、著しく増大した量のアルコールが必要
      2. 同じ量のアルコールの持続使用で効果が著しく減弱離脱、以下のいずれかによって定義されるもの
    11. 離脱、以下のいずれかによって定義されるもの
      1. アルコールに特徴的な離脱症候群がある(アルコール離脱の基準AとBを参照)
      2. 離脱症状を軽減したり回避したりするために、アルコール(またはベンゾジアゼピン等の密接に関連した物質)を摂取する

    現在の重症度を特定せよ:

    • 軽度(Mild): 基準の2つか3つを満たす
    • 中等度(Moderate): 基準の4つか5つを満たす
    • 重度(Severe): 基準の6つ以上を満たす

    該当すれば特定せよ:

    • 早期寛解にあるもの(In early remission):以前にアルコール使用障害の基準を完全に満たし、その後にアルコール使用障害の基準(A4「アルコールの使用に対する渇望・強い欲求または衝動」以外)のいずれも満たさない時期が3ヶ月以上12カ月未満の間あったもの。
    • 持続した寛解にあるもの(In sustained remission):以前にアルコール使用障害の基準を完全に満たし、その後にアルコール使用障害の基準(A4「アルコールの使用に対する渇望・強い欲求または衝動」以外)のいずれも満たさない時期が12ヶ月以上あったもの。

    該当すれば特定せよ

    • 管理された環境下にある(In a controlled environment):この付加的な特定用語はアルコールの使用が制限された環境にいる人に用いられる。

ITプロジェクト実態調査 2018

この記事は

日経 xTECH Activeメール 2018年05月08日からの抜粋であり、私の覚書でもあります

それぞれの記事を読むと、“さもありなん”と思います。
下記の記事を読んでいて思い出しました、このブログに今年の1月30日
システム導入を考えるという記事を書きました、この記事はシステム導入についての注意点をだれでも解かる言葉で書いてありますので一読を!!
——————————————————————————
ITプロジェクト実態調査 2018

 1745件のシステム導入/刷新プロジェクトのうち47.2%が「失敗」――。
日経コンピュータの独自調査で浮き彫りになった、残念な現実である。

 果たしてどんなシステム導入/刷新プロジェクトが失敗しやすいのか。
本特集では、スケジュール、コスト、満足度の3軸から失敗の原因と対策を探る。

システム導入を考える

新年度からシステム導入を考える企業も多いように思われます。
システム導入と言っても企業規模により、様々なシステムと方法が考えられます。

私がこれまでに、関連した企業のシステム導入後で感じたのは

  • 分相応なシステムを導入
  • システム運用に手を焼いている(データ入力に担当者増加)
  • システムに蓄積された情報を効果的に使用いない( 受注データを分析して受注予測を行い在庫率の軽減のなど)

システム導入前に必ず行うことは「業務フローを作る」事です、自社の業務がどのように行われているのかを把握せずにシステム導入をおこなっても必ず破綻します。(“システム屋さん”の言いなりにならないことです)
「業務フローを作る」には、各部署の担当者が集まり、ワイワイガヤガヤとなりがちですが各自の意思の疎通を図るいい機会として行うことが寛容です。
ある程度の企業でしたら、WordやExcelを使用して情報処理を行っているいると思いますが、これらの情報を融合することで事務工数半減が行えます。

システム導入時には、「何のために導入をするのか」「どんな課題を解決するためなのか」、システム導入の目的を明確にすことが大事ですが、システムは必要データの入力を行わなければ、それなりの効果は発揮できません。
前述したように、データ入力に工数がかかることを認識しておかなければなりません。

当サイト(www.oac-aka.com)について

www.oac-aka.comを立ち上げて10年を超えました。
このサイトの利用は弊社の宣伝用としてが1番の目的ですが、仕事をしていて質問の多い事項や自身の気になる情報などについて、各種ページを作成してきましたその数は100ページを超えました。
全体像はサイトマップでご覧ください。

各種ページのアクセス数を見ているとチョット大袈裟ですが世相が見えてきます。
***
男性と女性のネット検索数を見ると、男性>女性となっています、女性は口コミで情報を得ている?
男性は高齢であってもネット検索を使用しているがと女性は高齢となると家事が忙しいのかネット検索を行わない?
***
毎月トップページに当サイト先月アクセスベスト3を掲示していますが
Gif画像ファイルの作り方
  単純なことですがWindows基本ソフトを知らないことが解ります。

ワードとエクセルの使い分け
  古い言葉かもしれませんがWord派・エクセル派という方が多いようです。
定年後に起業してみる?
  老後の不安(年金)からか50歳代、60歳代からのアクセスが多い
が固定的なっています。
***
ページの事ではありませんが、前にもコメントで書いたことですが、このサイトにおいてある
Windows10の社内での導入を1人でやってみる。
のダウンロードが今年になっても多いようです。

visual studio 2017を使用してみました

visual studio 2017(無料)を使用して、当サイトのトップページを作成してみました
これまで作成していたトップページをコピーしてvisual studio用に再編集しただけですが、
visual studioには、それなりの決まり事あるようです。
visual studioのEditerを使用して編集しましたが、これまでのトップページにエラーがあったことが判りこれまでのページも修正しました。
今回はHtmlを作成しただけですが、ボタンや.NETを使用したり等をしてvisual studio 2017を使いこなしていきたいと思っています。
既存ページ

visual studioで作成したページ(見た目は変わりません

visual studio 2017を使用しようと思ったのは、歳をとっも新しい技術にチャレンジしていくのは、頭の老化を防ぐため!!  (^_-)-☆

インターネット検索最もよく使われているデバイスは?

インターネット検索に最もよく使われているデバイスは?
1:パソコン、2:モバイル、3:タブレット
の順が妥当なところです。
私のサイトでは
1:パソコン(全年齢)、2:モバイル(20・30歳代)、2:タブレット(50.60歳代)
の様になっています。
私のサイトには、200ページほど作成していますが、
ワード(Word)に関するページは20・30歳代からのアクセスが80%を超えていますの、モバイルで観ても見やすいように変更しています。
モバイル対応に変更するとパソコンでは全画面表示になりますが、なにか落ち着きのない画面になるので
四苦八苦しながら見栄えを気にしながら変更しています。(美的センスはないので(^^ゞ)
その他のページもデバイスに関係なく観ることはできますが、パソコン以外だと観にくいページもあります。

HP作成言語もHTML5が発表されてから数年たちますが、HTML5の新基準に対応させて変更しています。

会計処理データで在庫管理を行う

会計処理はパソコンで行っていても、在庫管理は手作業で行っている企業は少なくないです。根本原因は、お金の管理者と製品の管理者は別人であること、当然といえば当然ですが、社内での生産性を上げるためには、お金の管理と製品の管理において情報(データ)の共有が必要です。
ではどのようにすれば、情報(データ)の共有で社内での生産性を上げるられるでしょうか?
在庫管理をパソコンで行うためには、会計処理をパソコンで行っているので、製品ができて在庫を行った時に仕入として伝票を作成しましょう。
 但し、製品の管理者は適切な在庫情報を、お金の管理者に知らせることが必要です。
棚卸の時期は各社マチマチだと思いますが(1か月、3か月、半年・・)、
・棚卸の時期に、仕入データをCSVファイルとしてエクスポートします。(略称:A)
・同時に売上伝票もCSVファイルとしてエクスポートします。(略称:B)
・AccessあるいはExcelなどで、AとBを使用して在庫管理を行えば、在庫管理業務の時間短縮となります。

この方法は、単純に、在庫数(仕入)から売上数を差引き、上記処理を行った時点での製品の在庫数が把握できます。
在庫管理システムと呼称されるものは、数多くありますが先ずは、自社で作成してみましょう。

生産管理システムと会計管理システムとのデータ連携。

生産管理システムと会計管理システムとは、別々に販売されていますが、両システムにおけるデータ連携が行われていないのが現状と思います。SI業者のホームページを観ても生産管理と会計管理は別々に分けて紹介されているが、両システムにおけるデータ連携については記載されていない。
例えば、生産管理で作成した出荷データは請求データとなり、会計管理では売掛金データとして、更に、仕入データは買掛金データとして使用できます。なぜなのか?この原因はシステムが異なるため、また、システム利用者が異なる(現場系と管理系)ためと思われる。
この、問題を解決すれば、作業効率(作業時間短縮・データ入力ミス)は格段に向上することが考えられます。
よく聞く話として、経理の方は月末は忙しく残業も多いと聞きます、一因は、各部署から上がってくる伝票が月末に集中しているためです。
上記で、記述した売掛金データ、買掛金データが伝票ではなく、データとして受け取ることができれば、このような話はなくなるでしょう。
下図は上記処理概要です。生産管理システムから請求書データをエクスポートして会計管理システムで入力可能なCSVファイルを作成し会計管理システムでインポートすることによりデータ連携が可能となります。
太字部分(下図)を考慮したものをMicrosoftAccessで作成してみました。

一般的に、生産管理システムには請求書データをエクスポートする機能は用意されていないので、カスタマイズとして新規に作成することになるが少なくとも20万円以上の費用が必要となります。「請求書データをエクスポートして、CSVファイルをさする処理」をMicrosoftAccessやExcelで作成します。
会計管理システムには請求書データをインポートする機能(各種仕訳データ)は用意されているが使用していない企業が多いようです。仕訳データの様式は各システムにおいて異なるが、
ある会計管理システムの仕訳データの様式です。
参考ページ
生産管理システムへ
Microsoft Accesssでシステム構築へ

上記についてのお問合わせは下記よりお願い致します。