生活者1万人アンケート

野村総合研究所は、2018年の7~8月、全国で15歳~79歳の男女個人1万人を対象に、訪問留置法で生活価値観や消費実態を尋ねる「生活者1万人アンケート」を実施した。

興味をそそられたので。pdf見てみました、内容は

1.景況感・生活価値観・生活不安
2.余暇・消費生活
3.消費意識・消費スタイル
4.情報利用行動

でした、グラフもあり説明も完結されていましたが、参考資料にありました時系列データを引用して1.におけるグラフを作成して、生活者1万人アンケートというページを作成しました。

情報処理コンサルタントとして、4.情報利用行動も気になりましたが

4.情報利用行動
4章のまとめ
利用情報端末の変化:
・スマートフォン・タブレット端末の普及拡大が顕著。インターネット接続機器の個人化が大きく進展。
メディア利用時間の変化:
・テレビ視聴時間はさらに減少。60-70代ではあまり減少していないが、50代以下では継続的に減少している。一方で、インターネット利用時間は大きく増加し、「お茶の間」でテレビを囲んで皆で楽しむことは少なくなった。
・スマートフォンでのアクティビティは大きく増え、ゲームや動画視聴などのエンターテインメントだけでなく、NS等コミュニケーションや、位置情報の利用、ネットショッピング、ネットバンキングなど、全体的に拡大。
消費の際の情報源:
・ 情報端末の個人化の結果として、消費の際の情報源でもマス媒体の利用は減少し、ネット(特にスマートフォン)による情報収集傾向と、ユーザーの口コミ情報収集傾向は伸びている。
・一方、店頭は相対的に高い重視度を保っており、消費者は「店舗に行かなければ得られない情報」について、一定の評価をしていることがうかがえる。
情報疲労:
・情報が「多すぎて困る」、情報疲労傾向は継続。個人情報の提供意向から見ても、より利便性の高い(面倒くさくない)購買へのアシストを求める意識の拡大がうかがえる。

となっていました。

食品ロス解消 恵方巻きから フードバンク支援へ議員立法案

国内で一年に廃棄される食品の量は、国連の食糧援助量のおよそ二倍。まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」対策に、政府などが着手し始めた。三日の節分後の大量廃棄が問題視されていることから、恵方巻きの生産量管理を業界に呼び掛け。余った食品を貧困世帯などに配る活動を支援する、議員立法の動きも活発化している。

食品ロスの詳細は下記を参照して下さい。

食品ロスとは?そして食品ロスを削減する

2019 年 4 月 2 日をもって、 個人の Google+ アカウント終了

2018 年 12 月に発表された通り
  • Google+ ログインのボタンを使用してサイトやアプリにログインされているお客様は、今後数週間でこのボタンをご利用いただけなくなります。なお、このボタンの代 替として Google ログインのボタンが表示される場合があります。Google ログインのボタンが表示されていれば、引き続き Google アカウントでのログインが可能で す。詳細(リンク https://support.google.com/plus/answer/9217723#signin?
  • Google+ のサービス終了に関するよくある質問
  • Google+ を使用してご自身のサイトやその他のサイトにコメントを追加しているお客様は、Blogger では 2 月 4 日以降、その他のサイトでは 3 月 7 日以降、このコメ 
    ント機能をご利用いただけなくなります。各サイトに追加した Google+ コメントはすべて、2019 年 4 月 2 日から順次削除されます。詳細(リンク  
    https://support.google.com/plus/answer/9217723#blogger)
    
    私のサイトで管理するページは、ほとんど、G+リンクが入っているのでG+リンクを削除しなければならない!!

GAFA:巨大IT企業の市場独占?

GAFAとは?

GAFAとは、アメリカ企業の「グーグル(Google)」「アップル(Apple)」「フェイスブック(Facebook)」「アマゾン(Amazon)」それぞれの頭文字をとって作られた造語だ現在、世界時価総額ランキングの上位をこの4社が占めているのだ。

GAFAの市場独占が問題に

GAFAは買収や新規事業の立ち上げを通じて、異なる事業領域での展開を進めている。しかし、いずれももともと販売や広告を展開する基盤となる場所を提供する「プラットフォーマー」だ。Facebookであれば、SNSとしての機能だけではなく、その利用者に広告を提供することができるのである。

GAFAはプラットフォームとして人々の暮らしを豊かにしてきた。Googleは膨大な情報をわかりやすく整理することで、必要な情報にすぐアクセスでき大変便利だ。広告に関しても、ターゲットをセグメントして適切な人に配信できるようにしている。

GAFAは通信環境に依存している

昨年、12月6日午後1時半ごろからソフトバンクの携帯電話サービスなどで大規模な通信障害が発生して、仕事や日常生活に影響が起きました、GAFAの市場独占が問題になってはいるものの、日本においては、携帯電話料金を引き下げるため総務省が緊急提言し携帯大手の料金プラン改善に向けた緊急提言を決定した。

あまり取りざたされてはいないが、インターネット通信料金についても総務省は検討課題として取り上げるべきと思う。

You need to add a widget, row, or prebuilt layout before you’ll see anything here. 🙂

You need to add a widget, row, or prebuilt layout before you’ll see anything here. 🙂

平成最後の年賀状

今年で平成最後の年賀状つくりは元旦に着くように作成し、昨日投函してきました。



さて・・・
年賀状の季節でふれ、ワードとエクセルで年賀状を作る というページも紹介しましたが裏側(文面)を作成するページも紹介しています。文面作成で画像の挿入が思う場所に挿入できないという問い合わせがありましたので、一言。
 画像の挿入は、テキストボックスを作成してから、テキストボックスの中に画像の挿入えお行ない、テキストボックスを移動させることで思う場所に挿入できます。

下図は、私の年賀の文面ですが(デザインの良し悪しは別)、テキストボックスを3個使用しています、”謹賀新年”、”挨拶文”、”干支文字”として使用しています、”謹賀新年”と”干支文字”は画像(ネットで検索)のみです。

”謹賀新年”は「謹賀」と「新年」上下2列でしたが、ペイントを使用して1文字ずつ切り取り縦書きにしました。

フリマアプリ⇒メルカリ・ラクマ ヤフオク?

メルカリについて記事に書きましたが、フリマアプリについてどのようになっているのか調べてみました。

フリマアプリというより、メルカリといった方がわかると思います。
オークションとフリマアプリが違うのは、即決で買い物できるかどうかです。
ヤフオクはオークションアプりです。
フリマアプリの場合は、提示されている値段で買うことを決めたらすぐに買えます。

ネット通販と同じような感じですね。
それが個人間の取引になっているだけです。

フリマアプリでは、メルカリのダウンローが5Mを超えているようで人気があるようです。

メルカリ

出品手数料:売れたときに販売価格の10%
購入手数料:無料(コンビニ/ATM/キャリア決済の場合だけ100円)
引出手数料:無料(10,000円未満は手数料210円)
決済方法:クレジットカード・コンビニ・銀行・キャリア決済など
使用実感:ファッションが主流?
マウス、キーボード、イヤフォンが売れました

ラクマ

出品手数料:売れたときに販売価格の3.5%
購入手数料:無料(コンビニ/ATM/キャリア決済の場合だけ100円)
引出手数料:無料(10,000円未満は手数料210円)
決済方法:クレジットカード・コンビニ・銀行・キャリア決済・Paidy後払い・楽天ペイ・LINE Pay

ヤフオク

今もオークションのサービスはありますが、フリマアプリとしてのサービスもあります。

出品手数料:売れたときに販売価格の8.64〜10.00%
購入手数料:無料(支払い方法によっては有料)
引出手数料:-
決済方法:クレジットカード・Yahoo!かんたん決済など

メルカリ・ラクマ・ヤフオクで競売中(下記リンクはヤフオクへしています)

access2013 参考書
分波器、分配器

のようです、出品側は手数料が気になるところですが下記のようになります。
ラクマ<ヤフオク<メルカリ

 

***
フリマアプリ(メルカリ・ラクマ)は、スマートフォンのみと思われている方も多いようですが、
パソコンでも使用できます。

「メルカリ」で不用品整理始めました

前回の投稿で「メルカリ」の事を触れましたが、「メルカリ」を始めた要因は、9月ごろから断捨離を少しずつ始めましたが、結構、新品同様の品可出てきました。
これらを、廃棄物として処理してしまうのは、もったいないし、利用してもらいたいと思い「メルカリ」を始めました。
始めてから現在までに、7製品を出品して2製品が売れました。
最初に、出品した 「アークタッチマウス」は朝に出品して午後には買い手がついて“ビックリ”しました。
現在は出品中は5製品(iphoneイヤフォン、LANケーブルなど)です。

早すぎませんか?



最近、「メルカリ」でキーボードを売りましたが、届け先は、大阪でしたが、普通便でお願いしましたが、出荷した次の日に届くとの事、そんなに早くしなくても思いましたす。
現在はどのような業者を使用しても、本州内なら出荷した次の日に届くらしいです。

物流業界では、ドライバーの人材不足が指摘されていますが、荷物の取り合いで、配送価格を安くして配送を行っているようですね。
次の日に届けるという状況をやめればと思います。

配送を依頼する側は、そんなに早く届ける必要もないと思っているのでは?
Amazonは、早く届くことを売りにしているようですが?

Ajax:XMLHttpRequest を使ってみました。



XMLHttpRequest はサーバーに対して HTTP リクエストを発行するためのオブジェクトで、 Ajax の A (Asynchronous) を司る中核技術です。これにより、Web ページを切り替えることなくサーバーからデータを取得し、ページ内容を更新することができます。

テストはオフラインで始めたが、XMLHttpRequestはローカルファイルには対応していないので、NGでしたが、例をネットで探しまくりOKとなりました。(WEB系の技術は基本を知らないので)

XMLHttpRequest利用その1(表示時間削減)

XMLHttpRequest を使ってみることになったのは、厳選ショピングセンターというページを作成しているが、各リンク先イメージボタンが沢山あるので表示時間がかかっていたので、一部の各リンク先イメージボタンの表示は閲覧者が指示ボタンで行ってもらうことにしました。(姉はオンラインショッピングが好きで上記のページから買っています)

XMLHttpRequest利用その2(HP修正時間削減)

“情報処理を理解する”として数ページを作成していますが、例えば、「情報処理って」というページに“情報処理を理解する”として該当ページへのリンクを掲載していますが、リンク先の各ページにおいても同じリンクを掲載していましたが、毎年変わる情報も含まれているので同じ修正を各ページに行わなくてはなりませんでしたが、“情報処理を理解する”ページを新規に作成し、XMLHttpRequestを使用して呼び出し事にしました。

厳選ショピングセンターは修正してありますので、XMLHttpRequest の使用方法の詳細は、ソースで確認して下さい。


消費税増税対策




2019年度与党税制改正大綱(下図:日経より引用)

政府の増税対策の骨格は?。購入額に一定額を上乗せして買い物できるプレミアム付き商品券を最大2万円まで購入でき、同2万5千円分の買い物ができる。増税後の半年間、大規模店を含む全小売店で使える。軽減税率などを除く新規の対策は総額2兆円を超える見通しだ。

  1. 幼児育無償化
    ○ 幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する3歳から5歳の全ての子供たちの利用料を無償化。
    * 子ども・子育て支援新制度の対象とならない幼稚園の利用料については、同制度における利用者負担額を上限と
    して無償化(上限月額2.57万円)。
    * 実費として徴収されている費用(通園送迎費、食材料費、行事費など)は、無償化の対象外。
    * 幼稚園(4時間程度)については満3歳(3歳になった日)から、保育所については3歳児クラス(3歳になった後の最初の4月以降)から無償化。その他の施設等については、上記取扱いも踏まえて、検討が行われているところ。
    ○ 0歳から2歳児の子供たちの利用料については、住民税非課税世帯を対象として無償化。
  2. 軽減税率
    飲食料品などの消費税率を8%に据え置き(線引きに異論多数あり)
  3. 自動車・住宅購入支援
    「住宅ローン減税」を受けられる期間を3年延長し、その間は最大で建物価格の2%分を減税して消費増税分の負担を実質的に無くす案を軸に検討しています。「すまい給付金」も拡充する。

    次世代住宅ポイント制度の新設

  4. ポイント制度
    中小小売店での買い物にポイント還元
    キャッシュレス決済時のポイント還元について、20年の東京五輪・パラリンピックまでの9カ月間、還元率5%で実施する方向で検討する考えを示した。
  5. プレミアム商品券
    購入額以上の買い物ができる「プレミアム商品券」について、最大2万円まで購入でき、2万5千円分の買い物が
    できるようにする方向で調整に入った。
    こうした対策の骨格を、26日の経済財政諮問会議と未来投資会議の合同会議で示す見通し。
    年末に向けて仕組みの詳細を詰め、来年度当初予算案などに盛り込む。
  6. 価格転嫁の柔軟化
    事業者に増税後の値下げを促す指針の策定
  7. 国土強靭化
    防災・減災のための公共事業
  8. 商店街活性化
    キャッシュレス決済によるポイント還元は中小小売店での購入分を対象とする方針だ。クレジットカードや電子マネー、QRコードなどでの決済が対象となる。ポイントを発行するカード会社などを通じて還元し、会社の負担分を国が補助する。




この記事は、各対策の内容が発表されるたびに、逐次内容を変更する予定です。